投稿者 gradefuji | 2022年10月1日

2022/10/1~2 中央競馬予想 シリウスステークス【時々是競馬】

世の中的にはスプリンターズステークスと凱旋門賞がもっぱらの話題だろうが、このブログは変わらず独自路線を貫きます。
関係ないけど、この記事はWordPressでの自前ブログとnoteで同じ記事を掲載しているんですが、最近は京成杯オータムハンデの馬連万馬券的中など予想が好調だからか(笑)noteの方はリアクションが一切付かなくなってしまったので、何気に穴場スポットかもしれない…などと書いておきますw

土曜中京11R シリウスステークス

◎②ハヤブサナンデクン
○⑫バーデンヴァイラー
▲⑪サクラアリュール
△⑧ハピ
×③オーヴェルニュ

自信度:★★☆☆

一昨年はカフェファラオ(1着)、昨年はウェスタールンド(2着)などGⅠクラスの名前も見られたが、それに比べれば今年は小粒。
ただ、相応に力量差は接近したメンバーという印象で、金曜夜間発売のオッズながら単勝10倍以下は5頭いる。

まず1番人気になりそうなハヤブサナンデクンは前走の三宮ステークスでも◎に推した。当時は翌週の東京2100mを蹴ってこちらに回ってきた点が不気味…と評したが、結果的にはハンデ55kgを見ての出走だったのだろう。
今回もハンデ戦だが56kgでの出走は、その前走が6馬身差圧勝だったことを考えれば冷静な数字に見える。一方で枠順的に押し出されてハナとなるケースも想定されるが、そうなったときはスローの流れだろうからいずれにしてもこの馬にとっては有利な展開でレースができるだろう。
休み明けの馬が多い中ではあるが、あとは状態がどうかだけ。

相手はバーデンヴァイラー。前走はマーキュリーカップを勝っているので、地方のダートグレードで勝ってきた馬をどこまで評価するかという問題がまずあるが、2走前のアンタレスステークスで大敗しているのは明らかに馬体減の影響と考えて良さそう。
そういう意味では、休みを挟んで馬体も戻してくればあれくらいは走れるというのを証明したと言えるだろう。こちらもある程度のポジションから楽なペースで追走できるのは都合がいいはず。伸びしろもまだまだありそうだけに。

穴候補はサクラアリュール。前走・前々走と続けて穴を開けているだけに3走続けて…というのも考えづらいのは事実だが、だからこそマークしておきたい1頭。
2年前の2着馬でもあるが、結局は自分のレースができるかどうかが肝心。基本的には決め手を活かしたいタイプで、周りよりも自分自身がどうかだけ。

あとは3歳馬ながら中央のダートであれば決め手はここでも引けを取らないハピ、ハンデ58kgだが前走の帝王賞よりは大幅に相手関係も展開も楽になりそうなオーヴェルニュまで。

■買い目
馬連 フォーメーション ②③⑧→②③⑧⑪⑫ 各100円
枠連 6-6 100円

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。