投稿者 gradefuji | 2019年6月25日

地方競馬予想2019~帝王賞

古馬中長距離のダートグレード競走は、基本的に中央勢だけ見てれば、
あとはその中から3着までに来そうな馬を当てるだけ…となりがちだが、
今回のメンバーと近走成績を見ると、3着までに1頭くらいは地方馬も入って
高配当の夢を見たいと思ってしまうが、現実はそう甘くはないだろうな…とも。

続きを読む…

広告

先週の時点で17日までは取り上げているので、今回は18日からの1週間です。

6/18 ● 2 -16 西
6/19 ● 2 – 5 西
6/20 ● 1 – 2 西
6/21 ○ 4 – 2 日
6/22 ○ 6 – 1 日
6/23 ○ 8 – 4 日

続きを読む…

投稿者 gradefuji | 2019年6月23日

次回は7月28日に更新予定【Recollect T.W】

前回も書きましたが改めて。プロ野球シーズンが終わるまでは、地方競馬の
ダートグレード競走の予想を優先して更新することになるので、こちらは
更新頻度が少し落ちる関係で、次回までまた日数が開くのはご容赦を。

とりあえず更新を休んでた期間にあったことの中でネタになることとしたら、
6月の最初の週に名古屋まで行ってきて。毎年この時期恒例になりつつある
“昇竜デーを狙ってドラゴンズ戦を観に行く日”ということで土曜の朝に
成田エクスプレスで東京まで向かい、そこからこだまのグリーン車に乗って
ゆっくりと名古屋に向かい、ルーキー4人スタメンの楽天に負けた試合を観て
帰ってきました…という、あまりに身も蓋もない感じなんですがw

続きを読む…

まず告知。来週からこの冒頭部分で、これまでツイッターへの自動投稿に
リプライでぶら下げていた予想レース一覧を記載することにします。
理由はツイッター側でツイートしていますが、“本来の目的を果たせていない”に
収束するのと、日本語読めずに馬しか見えないような、俺の予想見て見て的な
ちょっと残念なのに絡まれたくないというのもありつつ。

続きを読む…

例によって先週の続き。しばらく家の液タブの電源も入れず、ペンも持たず、
ひたすら人物デッサンの技法書を読み込んでたのが先週まで。一応言っておくと、
この間は一切絵を描くことをしてなかった訳ですが、中途半端な知識のまま
描き始めても、また同じことの繰り返しになると思った故の自分なりのやり方。
今までがその辺の知識が不十分なままやってた訳で、メリハリじゃないけど
そこはちゃんとやってから次に進むべきだろう…というのが自分の考え。

続きを読む…

いつも通り1週間の振り返りから。今回は15日に中止となった分の振替となる
今日(17日)の試合までを取り上げることにします。

6/11 ○ 2 – 1 オ
6/12 ○ 6 – 2 オ
6/13 ● 5 – 6x オ
6/14 ○ 4 – 1 ロ
6/15 止 x – x ロ
6/16 ● 7 – 8x ロ
6/17 ○ 5 – 4 ロ

続きを読む…

早速本題へ。土曜は阪神メインの3勝クラス・水無月ステークスを取り上げる。
昇級後も好走しているエンゲルヘンが人気になると見るが、頭で買うのは少し
勇気が要る気がする。前走1000万を勝って、いずれも今回休み明けの4歳牝馬2頭、
シャドウノエルとスターリーステージが気になるところ。あと人気次第だが、
メイショウカリンとラベンダーヴァレイ、余裕があればキアロスクーロまで注意。

続きを読む…

まず先週の話。ざっくり「基礎って何や?」というところで終わったけども、
このまま考えても迷路から抜け出せそうになかったので、思い切って某イラスト系
SNSのコミュニティに助けを求める事にしました。もっとも、そのコミュニティに
属している人もここまでは来てないとは思いますが、今の時点まででいろいろと
回答いただけたことに、まずは素直に感謝します。ありがとうございます。

続きを読む…

投稿者 gradefuji | 2019年6月11日

地方競馬予想2019~関東オークス

例年このレースの中央馬は、500万(1勝クラス)を勝つかどうかクラスの馬が
集まることが多いが、今年はダート無敗・しかも前走は牡馬相手のLレースを
勝った馬が出走というのは、なかなかないケースだと思うがどうか。

続きを読む…

投稿者 gradefuji | 2019年6月10日

負けるべくして負けたとも【マンドラ+α】

まずは交流戦最初の1週間の結果から。

6/4 ● 4 – 6 ソ
6/5 ● 2 – 5 ソ
6/6 ● 4 – 6 ソ
6/7 ○ 13 – 3 楽
6/8 ● 1 – 2 楽
6/9 ● 2 – 5 楽

続きを読む…

Older Posts »

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。