投稿者 gradefuji | 2018年3月31日

ドバイも日本も見逃せない【時々是競馬(週末版)】

こちらはいつも通りに、週末の中央競馬の展望メインで更新していきます。
ドバイは個人的には馬券を買うけど、正直ここで取り上げるにはレベルが高くてw

まず土曜中山からダービー卿チャレンジトロフィー。この時期における
名物レースのひとつだが、今年もなかなか難しいメンバー構成と言える。

マルターズアポジーは58kgを背負っても、主導権さえ取れれば好勝負必至。
若干外目の枠を引いたが、他に何が何でもというタイプの馬はおらず、
ミュゼエイリアンやマイネルアウラートあたりは周りを見ながらだろう。
気になるのがアデイインザライフ。休んでいる期間が長いだけに、
まだまだ老け込むには早いのも事実で、巻き返しは考えておきたい。
グレーターロンドン、キャンベルジュニア、ロジチャリスあたりは人気次第。

注目の大阪杯だが、この路線のシーズン最初のGⅠと考えると、今年も相当に
レベルの高い一戦を期待したいメンバー。まともに考えるなら、トライアルで
好内容のスワーヴリチャード、実績を素直に信頼してシュヴァルグランだが、
サトノダイヤモンドやゴールドアクターあたりの巻き返しも考えたい。

伏兵陣もウインブライトを筆頭に、ダンビュライト、ペルシアンナイト、
アルアイン、トリオンフ、スマートレイアーあたりは十分に争覇圏内と言える。
ヤマカツライデンやマサハヤドリームあたりは少し荷が重そうだが、それ以外は
どの馬が勝っても特別に驚くことはないメンバーに感じるので、馬券的にも…。

次はオープン特別。土曜阪神は2鞍で、まずはダートのコーラルステークス。
しばらく芝を使っていたモーニンが、まさかのダートオープン特別参戦となった。
個人的には軽視とするが、近況を考えると58.5kgのハンデはなかなかに絶妙。
連勝中のサクセスエナジーはここも期待、ヤマニンアンプリメは人気が落ちれば。
あとはドリームキラリ、プレスティージオあたりを穴候補として挙げておく。

三木ホースランドパークジャンプステークスは、共に休み明けを一度使われた
エルゼロとトーアディランに期待。プレシャスタイムも阪神は合いそうな印象。
メイショウアラワシは実績は認めるも、休み明けで62kgはやや厳しい条件。

最後は日曜中山の3歳ダート戦・伏竜ステークス。全日本2歳優駿の上位2頭、
ルヴァンスレーヴとドンフォルティスがここから始動。共に目標は7月の
ジャパンダートダービーだろうが、どちらも1800mは問題ない条件であり、
斤量57kgで相手関係を考えれば、それ相応のレースをしてもらいたいところ。
あとはアスターソード、コマビショウあたりまでが馬券圏内の争いか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。