投稿者 gradefuji | 2017年10月9日

地方競馬予想2017~マイルチャンピオンシップ南部杯

岩手競馬の一大イベントということで、普段から岩手競馬関連番組を放送する
グリーンチャンネルでも南部杯予想に特化した特別番組を放送したりなど
しているが、メンバーの名前だけ見ればそれだけの馬が集まったとは思う。

■10月9日・盛岡11R マイルチャンピオンシップ南部杯(3歳以上JpnⅠ・ダート1600m)

中央勢の枠が7頭あるが、うちGⅠ・JpnⅠ勝ち馬は3頭。案外な感もあるが、
残りの4頭も前走で遂にダートグレードを制した馬や、GⅠでも馬券圏内に絡む
実力馬や、鞍上・吉原あるいは中野省吾という名前もあり、なかなか興味深い。

◎⑭カフジテイク
○②ベストウォーリア
▲③ノボバカラ
△⑨キングズガード
△⑪コパノリッキー
×⑬ゴールドドリーム

注目はコパノリッキーなのだろうが、いくら午前中の段階のオッズとはいえ
単勝3倍台というのは、メンバーレベルや乗り替わりや年齢面といった、
いろいろな要因が重なってのものと考えると、どう判斷するか悩ましい部分も。

中心はカフジテイク。そのコパノリッキーを中心に、有力馬はある程度前々に
固まることになると予想される。となるとちゃんとした決め手を持つこの馬には
願ってもない流れになると踏んだ。海外帰りを一度使われ、今度は頭まで。

相手はベストウォーリア。こちらも年齢的な面などなど気になる要素はあるが、
コパノリッキーと異なるのは、中央のレースや多頭数のレースでもそこまで
大きく崩れていないこと。勝利数に目を奪われると盲点になりがちな部分だが
これに加えて引き続き鞍上・戸崎というのも、心強いところだろう。

ノボバカラは距離や近況など課題は残っているものの、それを全て覆しそうな
鞍上の名前が気になってしょうがない。人気もなさそうだし一発狙いには十分。
キングズガードは前走のプロキオンステークスでカフジテイクを破っての
初重賞制覇だったが、そのカフジテイクが海外帰りの一戦で、今回は上積みを
見込むと考えると、安易に同じような結果を望むのは少々厳しいかも。

ゴールドドリームは勝ち切るだけの力はあるだろうが、どうにも掴みどころが
ないというか、一言で言うとムラ駆けの傾向もあるだけに、油断はできない。
コパノリッキーは悩んだがこの評価。ある程度メンバーが揃った中での逃げは
厳しいと感じる。得意のマイルだろうが昨年勝ったレースだろうが同じ。
あとウインフルブルームはまともに考えれば、いきなりダートは通用しない。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。