投稿者 gradefuji | 2017年8月16日

地方競馬予想2017~ブリーダーズゴールドカップ

正式名称は「JBC協会賞 農林水産大臣賞典 スポーツニッポン杯」が前に付く。
戦前の出走予定馬にはワンミリオンスという名前もあったが、どうも中間に
打撲かなにかアクシデントがあったらしく、ここは回避した模様。

■8月17日・門別11R ブリーダーズゴールドカップ(3歳以上JpnⅢ・ダート外2000m)

出走すれば間違いなく人気が集中したであろうワンミリオンスの回避により、
一気に中央勢のレベルが低下したと言っていい。前走牡馬相手の1000万を勝った
スルターナはともかく、前走1000万を負けたオージャイトが選定されているような
メンバーレベルだけに、ちょっと小粒にも程がないかと言いたくなるメンバー。

◎⑪マイティティー
○⑤クイーンマンボ
▲⑥ジュエルクイーン
△⑧タイニーダンサー
△③ビービーバーレル

実績だけで言えばクイーンマンボが人気になると思うが、時計的な根拠がなく
3歳馬で古馬と同じ55kgを背負うのは、決して楽な条件ではない。とはいえ
水曜の門別は少し時計がかかっていた。ペース如何では2分10秒台の時計も
想定した方がいいが、そこまで行くと道営勢にもチャンスがありそうかも。

中心はマイティティーとした。前走は休み明けの大沼ステークスで最下位だが、
減っていた馬体を戻したのは好感が持てる。大外から積極的に前に付けながら
ハナを取りきれず3角では早々にレースが終わっていたものの、ここに向けてと
考えるなら、決して不安視する内容ではない。ハナを取ればチャンスは十分。

相手は人気だろうがクイーンマンボ。2100mの関東オークスも勝っているが、
結局は世代の中でのレースでしかなく、相手が変わってどうかというのはある。
ただ、他の相手も例年に比べれば小粒で、そこまで崩れることはないだろう。
タイニーダンサーは斤量57kgがどうかだけ。距離自体は大丈夫だろう。

道営勢にもチャンスがある状況なら、ジュエルクイーンは見逃せない。
牝馬路線の中では、全国区に出ても十分やれるだけの力があると考えていい。
ビービーバーレルが悩みどころだが、積極的に進めれば一発やるだけの力はある。
他の中央勢は格下感が否めないのと、中央馬補正で人気が上がりやすい状況も
考えると、安易に手を出すのも考えものと判断。いずれにしろ難解な一戦だ。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。