投稿者 gradefuji | 2016年11月9日

JBCが終わっても話題は満載【時々是競馬(地方)】

まずは先週の回顧。数が多いので、個別の内容は短めに書いていきます。
JBCレディスクラシックはホワイトフーガの連覇。結果的には強かったとしか
言いようがないが、レッツゴードンキが大外でレースを進めやすかったのもあるが
それでも2着に残られたのだから、こちらとしてはすいません…と言う他無い。
トーセンセラヴィもちょっと甘く見すぎていたのは事実。トロワボヌールは案外。

JBCスプリントは、ある意味ダノンレジェンドが最内に入った段階で、あとは
スタートさえ…という状況だったのかもしれない。結局ソルテと1角まで競る形に
なったものの、意地でもハナは譲らないと言わんばかりの姿勢を貫いた。
ベストウォーリアは実力通りなら連対くらいはしてもらわないと。ソルテは
ハナを取りきれなかった時点でほぼ終戦ではあった。とは言え今回の着差が
このメンバーの実力差という訳でもないところで、今後も動向に注目。

JBCクラシックはアウォーディーだけ手応えがまるで違った。もう4角の時点で
勝負ありという感じではあった。コパノリッキーはもう少し頑張ると思ったが…。
ホッコータルマエは地方の小回りへの対応力の分の2着で、中京ではやや微妙。
サウンドトゥルーとノンコノユメの間は休み明けかどうかの差と見たいところ。
広い中京に変われば、どちらも逆転のチャンスは十分すぎるくらいにあるはず。

好メンバーが揃ったロジータ記念は、ミスミランダーが巻き返し。昨年の今頃の
ラブミーチャン記念を勝った頃から注目はしていたが、そこまで目立った存在でも
なかった馬がここまで結果を出してくれるのも嬉しい限り。今後も牝馬の重賞では
見逃せない存在になるだろう。上位は概ね人気上位だが、モダンウーマンは
休み明け・距離両方の課題があったはずで、今後穴狙いするには面白い存在。

今週の展望は、まず水曜船橋の平和賞。前日発売の単勝は2頭に人気集中だが
他にパッとした成績の馬もおらず…。マルヒロナッツオーは上位争い必至か。
キャンドルグラスも大きな差はないレースを続けているので、逆転は十分。
他は何とも言えないが、ユーコンクエスト、キャッスルクラウンあたりか。

年内の最終開催を迎える門別からは、締めくくりの一戦の道営記念(木曜)。
上位人気がほぼ確実だったグランプリブラッドの出走取消は残念だが、
それでも現在のホッカイドウ競馬の一線級がほぼほぼ出揃った格好。
中心は何と言ってもオヤコダカだろう。今年は4賞2着1回とほぼパーフェクト。
あと人気になりそうなのはスティールキング・ウルトラカイザーあたりだが
そこを外して勝負するならタイムビヨンド、更に穴めでダイワエクシードを。

木曜園田の兵庫クイーンカップは、JBCを回避してきたトーコーヴィーナスが
恐らく断然人気。問題はここも2着以下で、オーケストラピットが筆頭だが…。
日曜高知の黒潮マイルチャンピオンシップは近走好調な馬が多く、馬券的にも
少し悩まされるところだが、安定勢力のサクラシャイニー、長期休み明けから
転入して(西日本に戻って)きて連勝中のカイロスあたりに注目したいところ。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。