投稿者 gradefuji | 2022年12月1日

もう一度気合いを入れ直す1ヶ月【同人誌を出そう】

絵を描きたい気持ちに対して、その実力とアクションが伴わない状態がずっと続いているのが精神衛生的にも辛い日が続いていたけども、とにかくまずはペンを動かす時間を増やすことに注力して取り組んだのがここ1週間。

時間的な制約がありつつもできる限りの勉強はしてきたものの、やっぱり納得できるレベルの絵にならずに少しずつモチベーションにも影響してた…というのも、自分で言うのもアレだけどあったんだとは思う。
あとはどうしても、何かお手本がないとそれ以外の絵をフリーハンドで自由に描くだけの実力がまだ自分にはなく、一方で実生活を破綻させる訳にもいかないので、ただのとばっちり・事実無根だったとしても「○○パク」だとかいう事になってはいけない…などと考えると必然的に手が止まってしまうのがなかなか変えられなかった。

結論としては、3D人形に描きたいポーズをとらせてそれをベースにして描けば、少なくとも誰かの何かをパクったということにはなりようがない…ということで、一度は「これに頼っていたらいつまで経っても描けるようにならない」と言って封印した3D人形に再度頼ることに。
但し、その頼り方も以前のような完全トレースではなく、目指す絵柄・見栄えに合わせてコントロールできるようになったという意味では、これまでの勉強が無駄ではなかったのかなと。

もちろん、もっとたくさんの絵を描きたい…と考えたときには、毎度毎度3Dモデルを作るところからスタートしていてはお話にならないので、いずれは封印とまではいかなくても利用頻度が少なくなる時が来ないといけないけども、美術系の学校に行っていた訳ではない、せいぜい義務教育の美術の授業くらいでしか絵を描いた経験がないまま社会人になった身なのだから、高校までに美術系の部活をやっていた、何なら既にその頃から同人活動をやっていた、あるいは美術系の大学進学を目指していた・実際に進学した…などという人間とは差があって当然だろう…と。

もっとも、そうやって若い頃から絵の実力を付けていた人たちと“勝負”しなければいけないのだから現状の自分の実力の無さは甘んじて受け入れないといけないけども、じゃあ力がないなりに力を付けられるやり方・力が足りなくてもできるやり方を考えて、とにかく手を動かさないと一生“負け組”のままなのもまた事実。
せっかくお金をかけてハードウェアを始めとした環境をガチガチに整えて、本気で取り組もうと決心してやっているものなのだから、単なる「楽しい・面白い・満足できた」以上のものを残したいし、そういう気持ちは常に持っている。

もしかしたらそういう意識の持ち方自体が自分を苦しめている最大の要因かもしれないけども、そこはモチベーションになるものがいわゆる性的なもの・萌えであるとかいう、言ってしまえば不純なものであることを全面に押し出して、もっと気楽に絵に取り組めるようにもしいきたいな…と考えている。
それこそ、住む場所までアキバ(のすぐ近く)を選ぶくらいには“こういう”志向の人生にしたいと思ってやってる訳だし、だったらとことん極めてやろう…ということで改めてモチベーションを高めたところで今回はこの辺で。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。