投稿者 gradefuji | 2022年7月30日

2022/7/30~31 中央競馬予想 関越ステークス【時々是競馬】

今週・来週と、新潟・札幌の2場での開催となるのは昨年・一昨年と同じだが、今年はその西日本地区の開催空白期間が1週短い。
個人的には特に関西馬が強かった1990年代の競馬を、主にドリーム競馬を通じて観てきたクチなので、尚更西高東低などと言われていた時代を懐かしく感じてしまうのだがどうだろうか。

土曜新潟11R 関越ステークス

◎⑧イクスプロージョン
○⑪グレートマジシャン
▲⑫プレシャスブルー
△⑩キングストンボーイ

自信度:★★☆☆

今週から6週の開催が始まる新潟だが、JRA発表の馬場情報を見ても芝の状態は万全と言って良さそう。
先日の小倉のCBC賞ではとうとう芝1200mで1分05秒台に突入したが、昨今の馬場造園の技術を考えると新潟でもそれくらいの時計が出る状態になっている可能性は大いにありえる。
芝1800mについては芝外2000mと並び、改修直後の2001年の基準タイムが未だにレコードとして残っているコースだが、とうとう更新されるときがきた…という結果になっても驚けない。

フルゲート18頭の一戦だが3ヶ月以上の休み明けという馬が過半を占め、1年以上の休養明けというのも3頭いるメンバー。
その1年以上休んでいた組から、シャフリヤールとも差のないレースをしてきたグレートマジシャンが人気になりそうな情勢だが、急仕上げ・万全の状態とはいえない…というスポーツ紙のコメントが並ぶのを見るとさすがにどうか…と思わなくもない。
もっとも、キャリア4戦の4歳馬でクラシックでも上位という実績を考えれば、途上の状態でもあっさり勝って不思議はない。

ここで中心に推すのはイクスプロージョン。前走は当ブログ的最重要レースのひとつである高山ステークスを1番人気で勝利。
スローの上がり勝負ながらしっかり差し切るレースぶりで、3勝クラスなら力は上だったところを見せた。今回は直前こそ軽めの調整だが1週前の時点で前走時以上の追い切り時計を出していたし、決め手という意味では新潟外回りで更に期待が膨らむところ。
相手関係についても一部の抜けた実績の馬を除けば見劣りはしない。

レース全体としては例によって混戦で、このテキスト作成時点での上位人気はグレートマジシャン、ヤマニンサンパ、グラティアス、キングストンボーイと続く。この中で買っても良さそうに思えるのは先のグレートマジシャンと、もう1頭キングストンボーイの方だろうか。
良馬場ならコンスタントに33秒台の脚を使えるのはこのコースを考えたら間違いなく魅力的だし、ここ2走はその持ち味を発揮するには酷な条件だったのも事実。開幕週の絶好の馬場で改めて見直したい。

穴馬としては古豪8歳ながら、オープン特別くらいの相手なら自分のレースに徹すればまだまだ好勝負可能なプレシャスブルーまで取り上げて、この4頭まで絞った馬券を買ってみたいと思う。

■買い目
馬連 BOX ⑧⑩⑪ 各100円
ワイド 流し ⑫→⑧⑩⑪ 各100円
3連複 BOX ⑧⑩⑪⑫ 各100円


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。