投稿者 gradefuji | 2022年1月21日

気持ちをリセットするのがこの場【同人誌を出そう】

まず告知から。冬コミで初頒布したスマホスタンドですが、メロンブックスさんで委託販売を行わせていただいております。
そこまで大量にある訳じゃないのと、イベントでの頒布価格からは若干割高な価格設定になっておりますが、今のご時世的に遠出もしにくかったり、肝心の自分のイベント参加も次はいつになるかわからない(もしかしたら年単位で先かもしれない)というのもあるので、パッと見て気に入っていただけたらそちらでお求めいただけますと幸いです。
商品ページへは以下のURLよりアクセスいただけます。

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=1186444

ここからは本題。最近は(と言ってもまだそこまで日数は経ってないですが)引き続き、面白いとは言い難い練習を地道に続けている日々。
デッサンのような何か、模写のような何か、クロッキーのような何かを、その時々の気分や時間に応じてやっているという感じ。
ぶっちゃけ先週の更新からほとんど変わってませんw

まぁ、1週間で別人のように全然違う絵を描けるようになれば何も苦労しないけども、少なくとも自分はそういう体質や頭脳や身体構造をしていないので仕方ない。
とは言え、少しずつ“観察”というのはできるようになってきたのかな…と。

もっとも、時間をかけても満足にモノを描けないのは変わらないのでそこは変わらず取り組みを続けないといけないけども、おかしいところをおかしいと気付くことも、実は案外できないもんなんだな…と思ってたり。
5cm角のアクリルの立方体を使って、バランス感覚というか自分が見たままの立方体の描こうとするけども、どうしても辺の長さが同じに見えないとか、比率とかも正しく測って描いてるはずなのにその通りにならないとかそんなのばっかりで。

例えば、少し頭を傾けただけでも視点が動くからその分のズレというかブレを自力で補正するなり、何なら視線も姿勢も全く動かないように描かないとできないけども、まだそれができるところまでには至っていない。
ただ、一切か身体を動かさずに描くことなど不可能で、視線を変えないとモノと液タブの画面の両方は同時に見れないし、つい集中すると姿勢も少しずつ変わるとなると、あとは自力で何とかするしかない。

自分が正しいと思って描いているものだから正しいと思いたいけど、残念ながら違うものを描いてるうちは技術的な向上は見込めない。技術的な向上がなければ自分が表現したいものを伝えられない。誰にも伝わらない絵を描いても作品としての価値は限りなく無に等しいのだから、そこは厳しくやらないといけない。
そもそも自分だけが満足できれば十分なら、見てもらえなくて悔しい・もっと見てもらえるように努力しよう…という思考にはならないのだから、間違いなく目指したい方向はそちらにある。

自分は萌えの方向性を目指したい…というのは変わらず、かわいい・エロい・癒やされる・元気になれる…といったものを表現して伝えられるようにするために努力しているのだから、せめてもう少しだけでも面倒とか手間がかかるとか、そういうマイナス思考にならなくてもいいように、一刻でも早く少しでも絵がうまくなるように努力を続けよう…という気持ちの整理をしたところで今回はこの辺で。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。