投稿者 gradefuji | 2021年12月15日

地方競馬予想2021~全日本2歳優駿

「目指せケンタッキー」という副題は、言うまでもなく JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBYの対象レースであることから来ているが、ポイントレース的な見地では後に控えるヒヤシンスステークス・伏竜ステークスの方がポイントが高いし、何よりカトレアステークス(過去のカトレア賞を含む)を使った馬の参戦がどうしても少ないので、イマイチ印象が薄くなっている気がするのが少々もったいなく感じる。

12月15日・川崎11R 全日本2歳優駿

(2歳JpnⅠ・ダート1600m)

◎⑩ドライスタウト
○①セキフウ
▲⑪シルトプレ
△⑤コンバスチョン
△⑨アイスジャイアント
×②プライルード

前日発売ではドライスタウトの単勝が1.1倍。確かに前走は内容面・時計面の両方で特筆するべき内容があったのは間違いない。
火曜の中央古馬1勝クラスとの交流競走(1600m)の勝ちタイムが1分41秒6と考えると、昨年と比べても時計は出ている方と考えてよく、ある程度時計面の根拠・スピード能力が問われる状況になると考えていいだろう。
季節が季節なので劇的な馬場状態の変化も考えづらい。

ということで以降も基本的には距離延長組を重視。昨日の結果を見る限りは内が不利ということもなさそうで、素直に兵庫ジュニアグランプリの上位馬・セキフウとコンバスチョンを上位評価。
アイスジャイアントは人気になるのは仕方ないものの、距離短縮がどうかという懸念を考えるとあまり積極的に買いたいとはいかない。ただ、ひと足先にこの季節の地方競馬の道悪を経験できたのは大きく、メリットになればいいのだがという気持ち。

地方馬で注意するならシルトプレ。前走は噂のママママカロニを下したが、時計的にはここで通用してもいい印象だし地方の2歳戦で気をつけるなら道営(出身)馬という観点からもこちらを推したい。
同じような理由でプライルードも前々で粘るレースができればヒモ穴のチャンスはあっていいはず。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。