投稿者 gradefuji | 2021年12月3日

いい加減に覚悟を決めるとき【同人誌を出そう】

先週の記事を更新して以降、いわゆる“作品”づくりではなく基礎的な勉強に近い内容をひたすら試しているところ。
ペース的にコミケに間に合うかどうかという話は一旦横に置いてて、自分の絵を変えるための取り組みという位置付け。

別のところでつながりを得ている絵師の方に(半ば一方的ではありつつも)チャットベースで相談しながらではあるけども、相談やアドバイスを頂きながら地道に進めている状態。
基本中の基本過ぎて当たり前のことなのかもしれないけど、そういうことであったとしても第三者の目を通して教えてもらわないといけないくらいには、ここまで足掛け5年かけて勉強してきたことが何も身についてなかったのかもしれないと思うと、それはそれで辛い。

とは言え、今の絵で満足できているかと言うととても肯定はできないのも事実だし、何度も書いてはいるけどもアキバに引っ越してまでやりたいと強く考えていることなのだから、裸一貫ではないけども技術も実績もある方の教えをしっかり身につけようという気持ち。

そして私生活の方もようやく収入が転職前の水準を上回るようになり、それなりに信頼と実績を積み重ねてこれたタイミングということで、思い切って液タブを買い替えてみようかと。
もっとも、引っ越しのときに(当然緩衝材を何重にも巻くなどして対策はしたものの)液タブの液晶の縁にヒビが入ってしまっていたこと、据え置き13インチでは自分の体格含めてストレスに感じていたこと、分割金利手数料無料の審査に通ったこと(笑)といった理由も込みですが、何よりお金を注ぎ込むことによって“本気で退路を断つ”という、半ば強制的に覚悟を決めるためでもあると思ってる。

もちろん、絵を描くからには絵でお金をもらえるようになればそれが一番いい…という意識はあるし、それってちゃんと技術的にも感情的にも自分の絵が評価されるようになって初めて達成の資格を得られると考えると相当にハードルは高いけど、それ相応の覚悟でこれまで以上に本気で絵に取り組むためのアクションだと考えている。
何より環境が良くなるし、そんないいものが手に入ると考えるとワクワクするし…というのもあるけど、何より自分のためになる訳で。

自分以外の誰かに、自分がかわいい・最高だと思ってる女の子の魅力を伝えたい…と思ったら、まずは自分が自信を持ってそう思えるようになれなければ絶対に伝わらない。
その魅力を伝えるための努力を、これまで以上に本気で・真剣に続けるための行動をこれからも取っていきたい。まずは既に絶望的な状態のコミケに向けて、今できる努力を続けよう…ということで今回はこの辺で。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。