投稿者 gradefuji | 2021年11月27日

ジャパンカップ、京阪杯、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜東京:カトレアステークス、キャピタルステークス
土曜阪神:京都2歳ステークス
日曜阪神:カノープスステークス、京阪杯
日曜東京:ジャパンカップ

この中間は地方競馬で、浦和記念の他に笠松グランプリや兵庫ジュニアグランプリが行われたが、個人的にかなり多忙な状況でそちらの予想ツイートは更新できず。
年内の“#えすふーじ競馬”での地方競馬予想は、残りすべてのダートグレード競走(5鞍)と、ダートグレードが無い週に行われる勝島王冠までは最低限取り上げる予定にしています。
ちなみに来週は、当ブログ的最重要レースのひとつ、飛騨ステークスを徹底展望する予定です。

土曜東京9R JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY カトレアステークス

◎⑩コンシリエーレ
○⑭マルブツプライド
▲⑫ベストリーガード
△⑨ペイシャエス
×⑦スズカコテキタイ

今年の新種牡馬の中でも話題沸騰のドレフォン産駒・コンシリエーレに注目したくなる。芝でもダートでも…となれば尚更今後の注目も高くなる。この馬自身はメイクデビューの大差勝ちを過剰評価するのも考えものも、夏に勝ち上がってここまで待ったローテーションは好感。
1戦1勝組で他に評価するなら距離短縮になるマルブツプライド。唯一の2勝馬・ベストリーガードは案外人気にならなそうでそれなら穴評価が面白そう。あとは決め手がありそうなペイシャエス、ヒモ穴で距離延長でレースがしやすくなりそうなスズカコテキタイを。
上位人気のワールドコネクターは、個人的にはあまり積極的に買いたいと思えないが…。

土曜東京11R キャピタルステークス

◎⑭ヴェロックス
○⑪プリンスリターン
▲⑥ジョーアラビカ
△②ワールドウインズ
△⑫ブランノワール

重賞のひとつふたつはとっくに勝ってて不思議無いヴェロックスが、とうとうLレースで何とか勝利を…という情勢になってきた。このレベルの相手なら何とかしたいところだろうと思うが果たして。
夜間発売とは言え単勝10倍以下が7頭という超混戦だが、オープン連勝でも斤量56kgで出れるのは大きいプリンスリターン、意外と決め手勝負になったら面白いワールドウインズ、着順ほど負けていないブランノワール、穴は寒くなると結果を出してくる傾向のあるジョーアラビカで。

土曜阪神11R ラジオNIKKEI杯 京都2歳ステークス

◎⑦フィデル
○⑨キャンデセント
▲⑧ジャスティンロック
△⑤トゥデイイズザデイ
△②ディープレイヤー

こちらもこちらで比較含め難しいが、例によって新馬勝ちから間を開けてきたフィデル、産駒2頭目となる母の現役時にもお世話になった記憶ありのキャンデセントを上位評価。
相手関係を見たら押さえてはおきたいトゥデイイズザデイ、堅実派の雰囲気があるディープレイヤー、穴は決め手勝負なら引けを取らないと見るジャスティンロック。

日曜阪神11R カノープスステークス

◎グレートタイム
○ショウナンナデシコ
▲エイコーン
△ヒロイックテイル
△ミヤジコクオウ

オープン特別の相手なら堅実に上位争いのグレートタイムが軸候補。現在の重賞戦線のメンバーとも差のないレース経験があるショウナンナデシコはハンデ52kgが活きると見る。
人気を落とすのが前提だが主導権は取れそうなヒロイックテイル、ミヤジコクオウはややムラ駆け傾向だが今回は人気を落とすと思うので狙って面白いタイミングだろう。
相変わらず穴はエイコーンだが、一度使われてどこまで変わるか。トップハンデ・58.5kgのヴェンジェンスはさすがに推す材料に乏しく…。

日曜阪神12R 京阪杯

◎⑯ライトオンキュー
○⑨ミッキーブリランテ
▲⑫アイラブテーラー
△⑬シゲルピンクルビー
△⑭ソーグリッタリング

スプリンターズステークスの着順がどうとか、連勝できているからどうとかいうのにとらわれると落とし穴に陥りそうな雰囲気がある。加えて個人的には人気薄でも買いたい馬が多く、また違った悩みの中での予想。
斤量58kgは楽ではないが、巻き返すだけの条件は揃いそうなライトオンキュー、1200mでも展開凸のミッキーブリランテ、3歳牝馬の中では馬券的に一番面白そうなシゲルピンクルビー、例によって懲りずに(笑)ソーグリッタリングを挙げつつ、穴は前走の内容的にそろそろ復活の一撃があっても…ということでアイラブテーラー。

日曜東京12R ロンジン賞 ジャパンカップ

◎②コントレイル
△④シャフリヤール
△⑭ユーバーレーベン
△⑦オーソリティ
△⑨アリストテレス

ヨーロッパからやってきたジャパンなどの見どころもあるが、これで引退だろうが何だろうがコントレイルにとって1着以外が許されないレースと見ていいのではないか。
シャフリヤールの巻き返しあたりは当然検討する要素にはなるが、まだコントレイルの上を行くレベルにはないのでは…というのが自分の見立て。むしろ何か起こすなら3歳牝馬…という近年の世界の競馬の流れみたいなものも含め、ユーバーレーベンを上位に推してみるのも面白いと思う。
メンバーレベルを考えたらこれでも上位候補にはなってしまうがオーソリティ、なんだかんだ言ってコントレイルに迫るだけの力はあるアリストテレスまで。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。