投稿者 gradefuji | 2021年11月25日

2021年のコミケは二度と行われないけど【同人誌を出そう】

この1週間の間に、自分の中で吹っ切れたと言うか、今まで燻っていた反動とも言えるのか、絵を描き始めてから一番と言っていいほどに絵のことを優先した生活を送っていると感じる。

もちろん、生活費を稼ぐための仕事にはちゃんと行かないといけないから、寝てる以外の時間を全部絵に使えるかと言われるとそうではないけど、少なくとも平日の仕事帰り後にまとまった時間を取れるくらいには絵に取り組めていると感じる。
そうでなくても、コミケまでの残り時間を考えたらのんびりと他人の絵で“消費”してる余裕はない訳で、むしろ自分が“生産”しないといけない(訳ではないけどそれくらいの)立場だと思ってる。

…その割には、ここだから書くけどそのために描いた絵がボロボロに終わった挙げ句、クローズドなコミュニティでつながっている絵師の方には「前より劣化してる」「お前は箱ひとつすら満足に描けない」などとボロクソ言われて何とも思わない訳がない。
とは言えそういうレベルの絵しか描けなかったのは事実だし、だからと言って感情的にならず冷静にどうするべきか教えを請うなり必死に調べたりというアクションが取れたのは、ひとつの進歩なんだと思いたい。

そうは言ってもコミケまでに残された時間はないし、今まで通りならこのペースでは新刊どころではない状況なのも事実。
ようやく2年待ってチャンスが回ってきた初めてのコミケだけど、そもそもはそれまでに満足行くレベルに成長できなかった自分がこういう状況を招いたんだし、たかがこれから2~3週間で座れるなら今まで5年余りを費やしてきた今までは何だったんだ…という話でもある。
それだけ自分を取り巻く状況は“詰み”に近いというのは、自分が一番よくわかっている。

とは言え今回のコミケですべてが終わりならもう諦めもつくけども、コミケはきっと今後も続くはずだし、仮に続かなかったとしても10年前に感じた「あのような女の子を自分で生み出したい」という、自分が絵を描く理由そのものまで無くなる訳ではない。
どうせ今の自分には、絵で世の中の視線を集めるような力はないんだし、だったらダメでもともと・それより自分の人生で一番と言っていいほど絵のことを真剣に考えている今の時間を大切にすべきだろう…と。

今まで「早く描きたい・時間がない」という思考に支配されて疎かにしてきた地道な練習だって今ならできるし、言っちゃえば今年のコミケなんかよりも自分の将来の方が遥かに重要な訳で。
だからと言って今年のコミケを捨てるとかそういう話ではなく、本気になりたての自分がどこまで勝負できるか、文字通りの死物狂いでやってやろうじゃないかと。

こんな文面を考えるのに費やしてる時間の方が遥かに無駄なので、さっさと汗流して絵を描くことにしよう。汗流してからでも4~5時間も取れれば何でもできる。
まだアキバに引っ越してきた頃の、前向きな気持ちはなくなってない。それも再確認できた。さあそろそろ動き出そう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。