投稿者 gradefuji | 2021年11月3日

地方競馬予想2021~JBC競走

昨年のJBCの予想記事と同じく、ここでは金沢で行われるJpnⅠの3競走を取り上げ、門別の2歳優駿についてはツイッターの“#えすふーじ競馬”で簡単な展望を取り上げることにします。

11月3日・金沢8R JBCレディスクラシック

(3歳以上JpnⅠ・ダート1500m)

◎⑤テオレーマ
○③マドラスチェック
▲⑫ダノンレジーナ
△②サルサディオーネ
△⑧レーヌブランシュ

前日発売ではハクサンアマゾネスが1番人気だが、そもそも金沢競馬場内でしか発売されていないものなので気にしなくて良い。ただ、1500mでは微妙に短そうな馬が多いので油断はできないが、金沢の3競走の中で地方馬が勝つならここだろう。
人気はサルサディオーネだと思うが、持ち時計を詰めないといけないという点ではルイドフィーネあたりが突っつくとわからなくなる。
であればマリーンカップの1・2着は気にしておくべきだろう。火曜未明の時点では雨という情報もあったが、基本的に天気は良さそうなので良馬場での勝負になるなら尚更頭に入れたい。
あと地方馬では外枠だが距離は合いそうなダノンレジーナ、最後に血統だけ見れば意外にこのくらいの距離が合ってる可能性はあっていいレーヌブランシュ。

11月3日・金沢9R JBCスプリント

(3歳以上JpnⅠ・ダート1400m)

◎⑤サンライズノヴァ
○⑫レッドルゼル
▲②モジアナフレイバー
△⑨サクセスエナジー
×④アランバローズ

こちらはこちらで1400mは微妙に長かったり、そもそも力関係がまだ微妙な馬も多く、波乱の要素はある。リュウノユキナやサブノジュニアは枠順はいいのだが…。
なんだかんだ言って金沢最強ジョッキーを確保したサンライズノヴァが、追込一辺倒に依存しないレースを続けてきた成果を見せてくれると考えて中心視。
レッドルゼルは今の金沢の馬場を考えると大外がプラスとは言い難いが、距離の融通も利くので上位争いは期待したい。前走勝たれるとそれはそれで描いづらいが人気にならないならサクセスエナジー、穴で何とかなっていい条件には映るモジアナフレイバー、最後にアランバローズは伸びしろ次第でヒモ穴の一角になれても。

11月3日・金沢10R JBCクラシック

(3歳以上JpnⅠ・ダート2100m)

◎④テーオーケインズ
○①チュウワウィザード
△③オメガパフューム
×⑧ケイティブレイブ
×⑦ミューチャリー

言い方はアレだが勝負になる馬は絞られるので、あとはその中でどういう順番になるかだけ。
まだまだ伸びしろがありそうなテーオーケインズがひと夏を越してどんな姿を見せてくれるかが最注目。中東遠征からの帰国戦はイマイチも立て直してくればチュウワウィザード逆転の目は十分。オメガパフュームも同一重賞3年連続2着というなかなかできない成績は残しているが、やはり4度目の正直と言いたいところだろう。
どう考えても目標にされるカジノフォンテンは内枠ならまだ考えたが外枠はマイナス。だったら古豪ケイティブレイブや金沢最強ジョッキーが騎乗するミューチャリーに波乱を演出してもらいたいところ。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。