投稿者 gradefuji | 2021年10月18日

ファンのレベルが低いチームは強くならないと思う【マンドラ+α】

まずはいつも通り、前回更新以降の一軍試合結果から。

10/ 5 ○ 4 – 3 広
10/ 6 ● 3 – 7 広
10/ 7 ● 2 – 5 広
10/ 8 ● 3 – 9 De
10/ 9 ○ 4 – 2 De
10/10 ● 1 – 2 De

10/12 ○ 3 – 2 ヤ
10/13 ● 1 – 3 ヤ
10/14 △ 1 – 1 ヤ

10/16 ○ 5 – 3 ヤ

気付いたら巨人が大失速で3位死守すら危うくなってたり、監督退任発表・ドラフト会議などなど動きがあった訳だが、ここではタイトルにした通りのことを書きたいなと。

このブログでも、あまり直接的な表現にならない程度に取り上げたことはあるものの、とにかく監督・特定のコーチが変われば万々歳みたいな“自称”プロ野球ファンの思考はちょっと…と思ってて。
チームの成績が良くなければ監督が責任を問われるのはある意味当然の流れだとしても、何も考えずに順位が上がらない=監督のせいだから別の人間を監督にしろ、は些か考えが浅いかなと。

ここまでのドラゴンズの事で言えば、得点を稼げないというのが最大の問題点であることは誰が見ても明らかだったが、じゃあそれって何が原因なのかというところまで考えが及ばないから、短絡的に監督ガーってなるんだろうな…と。
選手の資質の問題なのか、打撃コーチを始めとする指導者の問題なのか、それともチームの環境の問題なのか、特定はできないまでもいくつか原因になり得るものはあるけれど、じゃあそれって監督が全てなのかと言われると自分はそうは思えない。
どこかのチームの“全権監督”はもしかしたらそうでもないかもしれないけども、一軍監督と言えど球団の全てをコントロールできる訳ではなく、その辺の勘違いというか、過剰な思い込みがそういう思考になるのかな…とも。

あとこれはツイッターでもツイートしたけども、与田監督辞任発表・立浪和義氏に監督就任要請のニュースに関連して、ツイッターだかヤフコメだかで“ファンの声を取り入れて立浪に監督就任要請したのは良い”みたいな投稿を見かけたけど、それ本気でそう思ってんの?と。
もし本気だとしたら、悪いけどそんな低レベルな“自称ファン”と一緒にされたくねーな…というのが正直なところ。
というか野球に限らず、“自称ファン”が大声あげて騒いだらそれに屈するようなチーム作りをするプロスポーツチームがあってたまるかと。

もっとも、先日のドラフト会議でドラゴンズが指名した6選手のうち5名が野手、いずれも球団サイトの注目ポイントでは打撃面の長所・特に長打力に触れている選手を指名したのは、さすがに12球団屈指の貧打という事実を成績・データといった裏付け要素含めて突きつけられて、ケツに火がついた故のものだと自分は解釈している。それまでは投手中心の指名で人材豊富というのもあるだろうけども。
言ってみれば、ナゴヤドームを言い訳にしていた逃げ道を自ら塞ぐ形であり、ようやくではあるものの弱点を克服して“勝てるチーム”を作っていこうという姿勢を見せてくれたという点では監督どうこう関係なく自分は応援したいし、根尾くんや石川昂弥をはじめとした選手にも来年こそは…と思ってもらいたいと考えている。
所詮はここもネット上のいち個人サイト・個人ブログに過ぎないので大した発言力はないにしろ、いちドラゴンズファンとしての考えはアウトプットしておこう…という感じで書いてみました。

このあとの日程は、21日の木曜に阪神戦、22・23日にDeNA戦、26日(と翌27日の予備日)に前回のここの更新時点で日程が決まってなかった阪神戦が入り、ようやく全日程終了ということになる。
これらの日程が予定通りに終わった場合、次回の11月1日を今シーズン最後の更新とします。最下位争いよりも、残りの4試合でどのような選手が試合に出て結果を残すのかに注目したいと思う…ということて今回はこの辺で。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。