投稿者 gradefuji | 2021年10月10日

地方競馬展望2021~マイルチャンピオンシップ南部杯

結果的に今年もスポーツの日(体育の日)が7月に移動してしまったため平日の月曜の開催になる訳だが、他に10月に祝日がなく、JBCへのトライアルという立ち位置を考えるとこの時期に開催するしか無いのもまた事実。
もっとも、最近はネット販売が地方競馬全般で好調なので、そういう意味での心配は不要なのかもしれないが。

10月11日・盛岡11R マイルチャンピオンシップ南部杯

(3歳以上JpnⅠ・ダート1600m)

◎⑬エアスピネル
○③サンライズノヴァ
▲⑮ソリストサンダー
△⑯アルクトス
△⑩ワイドファラオ

フルゲート16頭・JRAから7頭も選定枠いっぱい。相手関係の割に賞金は高めで、JBCよりもこちらの方で勝負という馬の方が目立つ印象。
中心にはエアスピネルを挙げたが、まさに悲願のGⅠ・JpnⅠタイトルを獲るチャンスと言える状況ではある。前日発売では1番人気になっているが、最終的にはアルクトスの方が上の人気になると見る。そういう意味でも狙う価値はあるだろう。

そのアルクトスは昨年のこのレースをレコード勝ち、前走で先述のエアスピネルより2kg重い斤量を背負って完勝となると買わない理由は現状見当たらない。
敢えて言うなら大外がどう出るか。特に7枠・8枠に中央馬が固まってるだけにあまり外を回らされるとちょっと苦しいかも。

その上で相手にはサンライズノヴァとした。ある意味もっとも自分のレースに徹することができる馬で、混戦と言える今回はプラスに向きそうな1頭だろうと読んでの推奨。他の中央馬はある程度前々で固まる展開になると考えると、末脚に賭けるレースをされると更に不気味。
あとは恐らく2番手からレースを進められるだろうと考えると自分のレースはできそうなワイドファラオ、穴で地方の方が合いそうな感もあるソリストサンダーが一発やってくれないか期待してみる。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。