投稿者 gradefuji | 2021年4月20日

12球団最低と言われても否定できない【マンドラ+α】

“まん延防止”の影響で、名古屋で行われる試合のチケット販売の打ち切りが告知されるなど社会的には厳しい状況ではあるものの、結果としてそうしざるを得ない状況に陥ったのは…などというのはこのカテゴリの趣旨にそぐわないのでこの辺で。

まずは前回の更新以降の一軍の試合結果から。

4/ 6 ● 3 – 7 De
4/ 7 ○ 3 – 1 De
4/ 8 ● 2 – 5 De

4/10 △ 2 – 2 ヤ
4/11 ○ 2 – 1 ヤ

4/13 ● 1 – 2 巨
4/14 ● 1 – 5 巨
4/15 ● 1 – 5 巨
4/16 ● 3 – 7 広
4/17 ○ 5 – 0 広
4/18 ● 2 – 4 広

巨人に3タテを食らったのがこの先かなり引きずりそうな感じはするが、ここまで点が取れないとどうにもならない訳で。
初回にあっさり点を取られるケースが目立つ先発投手も問題ではあるのだが、ようやくやってきた外国人如何では、あれだけ負けが込んでいるDeNAと入れ替わりで直接対決でコケて来週になる頃には最下位転落…というのも現実味を帯びてくる。

とりあえずビシエドが戻ってくるとは言え、大島とビシエドに完全に依存するであろう状態なのは変わらず、解決の糸口も見えてこないのはどうしたものか。
打率1割台が複数人いる状況で、外野はやれ平田だ京田だ阿部だ…などと言うのは簡単だが、肝心の根尾くんも福留もなかなか数字に現れてこないのがもどかしい。
簡単に追い込まれて落ちる球にクルクル…というのは何とかならないかと思いつつも、これも結局は外野が騒いでもどうにもならない話なので、あとは選手がどう考えるか、どう取り組むかに賭けるしかない。

長打力不足は今に始まった話ではなく、それでも一定の打力を見込んでドラフトで獲得した選手はいるものの、そういった選手も含めてイマイチな現状を考えるとチームの内部(具体的にどこ…というのは絞り込みこそしても確信を持って突き止めるには至らないが)に問題が潜んでいると考えるのが妥当な線だが、それを今どうすることも難しい訳で。
結局は選手個々の意識の持ち方や、ひとつひとつのプレーで何を考えて行動に移すのかにかかってくるが、そういった精神論・根性論に似たものに頼らざるを得ないのも辛いところ…。

それでもペナントレースは続いていくので明日からの2週間の日程を確認すると、まず今週はビジターのDeNA3連戦・ヤクルト3連戦と続き、来週の週明けは一旦名古屋に戻って阪神3連戦も、その後はまたすぐ東京ドームで巨人と3連戦…という日程。
更にGW真っ只中なので、また移動日無しですぐに名古屋に戻る…という日程だが、次回の更新は5月2日の試合後~5月3日の試合開始前を目標に更新することにしたいと思っています。

ひとまず最低でもこれ以上借金を増やさないこと、ビジターの試合が続くが少なくともバンテリンドームよりも打者に有利な球場が多いのだから、特に野手陣にはしっかりしてもらいたいと願う。

(本文中一部敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。