投稿者 gradefuji | 2021年4月10日

桜花賞、阪神牝馬ステークス、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜阪神:阪神牝馬ステークス
土曜中山:ニュージーランドトロフィー
日曜中山:春雷ステークス
日曜阪神:忘れな草賞、大阪―ハンブルクカップ、桜花賞

今週から新潟が開幕も、下級条件のレースが続くので展望としては取り上げず。
個人的には来週の競馬場の指定席抽選予約にエントリーも残念ながら落選。先着順販売に賭けることになるが、空席はあるのかどうか…。

土曜阪神11R サンケイスポーツ杯 阪神牝馬ステークス

もう少し頭数は揃うかと思ったが、GⅠクラスの馬は既に直近で出走してるし、福島牝馬ステークスin新潟に照準を絞っている陣営もいるとなると、ある程度分散するのは仕方ないか。

単騎ハナが見込めそうなイベリスが、上位人気拮抗のここでも頭を狙えそうな情勢。土曜午前中のレースでも芝2000mの未勝利戦で上がり34秒0というタイムを計測した馬がいるくらいで、まだまだ時計が出る状況にはありそう。
そういう意味では人気上位だがリアアメリアデゼルも警戒が必要だし、ギルデッドミラードナウデルタメイショウグロッケと伏兵陣も多彩。

土曜中山11R ニュージーランドトロフィー

2戦2勝の牝馬・アヴェラーテが人気だが、明確に時計がかかるようになっている今の中山芝がプラスになるとは考えづらい。
それだったら前走は勝つべくして勝ったバスラットレオン、中距離を使ってきたタイムトゥヘヴンの方を重視したい。
基本的には混戦だが、時計がかかる芝は歓迎そうなシュバルツカイザー、こちらも時計がかかるけ現状を考慮してドゥラモンドを穴候補で。

日曜中山11R エクセル茨城境開設記念 春雷ステークス

エクセル茨城境はUMACA投票専用施設ということだが、個人的には競馬場やウインズに行かないと使い物にならないUMACAよりも、インターネット投票の方が使い勝手が良いと考えているものの、インターネット投票に抵抗がある、指定銀行の使い勝手が悪いなど、相応のニーズがあると見込んでの開設なのだろうと推測。

それはともかくレースの方は、やはり時計がかかる前提で考えるともう一度アルピニズム…という考えはありかなと思う。
ハンデは背負わされるものの力の要る馬場への対応もできるジャンダルムグルーヴィット、穴で内枠はやや不安も休み明けに強く時計がかかるのはプラスそうなニシオボヌールを。

日曜阪神9R 忘れな草賞

桜花賞のアンダーカードとしておなじみのLレースだが、現状の阪神芝コースとオークスを見据えて…となると、基本的には決め手に勝る馬から買っていけばよさそう。
筆頭に上がるのはステラリア、続いてタガノディアーナ。ここに1戦1勝のシュレンヌがどこまで迫られるか。穴なら良馬場での巻き返しと上積みに期待してビッグリボン

日曜阪神10R 大阪―ハンブルクカップ

施行条件がコロコロ変わるレースだが、今年は芝2600m・ハンデ戦のオープン特別となった。
長距離戦故に格上挑戦の馬も目立つが、前走3勝クラスを決め手勝負で制したヒートオンビート、重賞実績もあるミスマンマミーアを上位評価しつつ、ひとまず単騎で行けそうなキメラヴェリテ、ハンデ51kgなら頑張れそうなメロディーレーンまで注意。

日曜阪神11R 桜花賞

当然ソダシが注目される訳だが、力があるのは実績が示しているので認めつつも、決め手よりも長くいい脚を使うタイプと考えるならば鉄板の中心馬とも言えない。
ハナを切りざるを得なくなるであろうメイケイエールと、前に行くのが理想のヨカヨカがペースを作ると思われ、好位につけたいであろうソダシとしてはハナ争いになった際に巻き込まれないようにしたいはず。そこがうまくいけば限りなく勝利に近づくだろう。

注意したいのは決め手を持つ馬で、筆頭はやはりサトノレイナス。あとはアールドヴィーヴルエリザベスタワー、穴っぽいところではククナストライプも考えておいていいだろう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。