投稿者 gradefuji | 2021年4月5日

貧打と言われてもしょうがない【マンドラ+α】

今シーズンは2週間に一度の更新でやってますが、3月22日の前回更新から2週間経過した今日が更新日ということで、まずは一軍の開幕から9試合の結果を書き出します。

3/26 ○ 7 – 6 広
3/27 ● 1 – 4 広
3/28 △ 0 – 0 広

3/30 △ 3 – 3 巨
3/31 ○ 5 – 3 巨
4/ 1 ● 1 – 3 巨
4/ 2 ○ 6 – 3 神
4/ 3 ● 0 – 1x 神
4/ 4 ● 1 – 3 神

結果だけ見れば極端に連敗することもなく来たようには見えるものの、9試合のうち1点以下の得点の試合が5試合というのは、さすがに決定力不足、言葉を選ばずに言うならしょぼい打線だと言わざるを得ない。
根尾くんはいいところでは打ったもののトータルでは結果が出ない、7試合で見限るのが早いのか遅いのかはともかく、この試合数でどうこう言うのもアレだが規定打席到達者35人の下位半分に5人も入っているのはさすがに。

もっとも、この下位半分には阪神から5人、巨人から4人と、現在のリーグの順位を見ると信じられないような状況になっているのだが、それでも上位にいる阪神や巨人とドラゴンズの差は…という話になってくると、守るだけでは勝てないよね…と。
足を使うにしても塁に出る前提があってこそだし、ビシエドを除く外国人選手がようやく来日できた状況とは言えトータルの戦力ではそこまで変わっていない訳で。

頼みの福留ももうひとつとなったら、本格的に大島とビシエドでしか勝てないというのも悲しい。
特に根尾くんの結果がついてこなかった点は、もう過ぎたものはしょうがないとして、外に逃げる球につられて三振というシーンをどれだけ減らせるか…というのは、ここで触れなくとも本人がわかっているはず。
人間だから、結果が出ないと焦りや余裕のなさといったマイナスの面がどうしても出てくるものだとは思うけども、いちファンとしては応援することしかできないので、他の選手も含めて特に野手にはプレーで姿勢を見せてほしいと思う。

投手については早くも中継ぎがフル回転の様相だが、土曜のサヨナラ負けはシーズンに数えるくらいにはこういう試合もある、それがこのタイミングだった…というべきかなと。むしろこの時期だったことがまだ良かったと思えるようなシーズンになってほしいところ。

次回の更新は2週間後の4月19日になる訳ですが、この間はホームのDeNA3連戦、金曜日を空けて引き続きホームのヤクルト2連戦で、いわゆる一巡が終わる。
そして来週は東京ドームで巨人3連戦、すぐ名古屋に戻って広島と3連戦…という日程。

すべてドーム球場なので中止になる可能性は限りなくゼロではあるものの、その先には連休を使った9連戦が控えている訳で。
ここでズルズル行ってしまうとシーズンそのものを決めかねないので、まずは負けないことが大事だと思う。
幸いホームゲームが多いし、今年はまだ少ない試合数ながら逆転のケースも多いので次回更新のときにはせめて勝率5割以上の成績を期待したい。

(本文中一部敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。