投稿者 gradefuji | 2020年9月10日

一人で死ぬほど悩んでた問題は全部一人で解決できるかもしれない【同人誌を出そう】

先週の記事で、“自分が絵を描く理由・目的”を明確にし直した。
今回は、目先のことで言うと10月のコミ1、もっと言うなら

【(年齢の十の位の数字が増える)4年以内に萌え絵師として認知してもらう】
【成果の基準は、自分の絵が商業書籍に掲載されるか、グッズ化されること】
【“認知してもらいたい”ではなく“認知してもらう・認知される”】

という、少し前に書いた当面の一つの目標(ゴールではない)に
到達するために障害になっていることを洗い出して、どうすれば
今のぐたぐだから抜け出せるのかを考えてみる。

そもそも時間取れない

生活するために必要な仕事とかの時間はどうにもならないので、
それ以外で何とかできないか考える。
ちょうど某イラストレーターのYouTube動画でも似たような話を
してたので見てみたけど、端的に言うなら無駄を削れという話。

ぶっちゃけ、ここの更新も無駄といえば無駄ではあるけど(笑)、
手間のかかる食事は作らずに、お米炊いてお湯沸かしてレンチンして…
程度のレベルで済む食事にすれば、かなりの手間は省けるよね…と。
出前配達のときは、終わりがけの時間に遠くに飛ばされないようにして
家に帰るまでの時間を短くするとか、うまく工夫するしかないか。

あとは早く寝たところで、どうせある程度の時間にならないと
布団から出られないんだから、極限まで寝る時間を遅くするか。
睡眠時間なんて6時間もあれば十分だろと。
朝は買い溜めてるモンエナなりリポビタンなりを飲んで
(少し強引だけど)叩き起こせば何とかなるわw

これで捻出できそうな時間は1日3~5時間はあるだろうか。
まとまった時間は取れないけど、合計時間はそこそこありそう。

絵を描いても手が進まない

自分なりに考える要因はいくつかあるので、ひとつずつ洗い出す。

■1枚に時間がかかりすぎている
ぶっちゃけ背景描かなければ、それなりに描ける人なら半日レベルの
絵しか描けてないのは自分でもわかってる。それでも描ききるまで
平気で1週間・2週間とずるずるいっていつまでも終わらないから
どんどん描きたいと頭では思ってても、そうもいかないという問題。

前に、クオリティはともかくとして1週間で2枚描いたことはあるけど
その当時の絵と比べても大してレベルが変わらないなら、
工程ごとなりパーツごとなり完成レベルまででもいいから、
何時間で終わらせると決めないと一生終わらないな…と。
納期とか厳しい制約に縛られないとダメな人間だと自覚するしかない。

それを自分一人でやってるとまた心折れて終わるから、
pixivなりYouTubeなりのライブ配信を使って逃げ道を塞いで。
何度かpixivでライブ配信やったけど、逆の立場で考えたら
大して上手くもない・誰かもわからない奴のライブ配信よりも
名前を知ってる・上手い絵を描いてる人の配信を観に行くから
大丈夫。何を・どんな手段で描いても見るのは数人だからww
もっとも、その数人の方は数年後になったら、あいつが下手な頃の
レアなシーンを目撃したすげーお方…になる可能性もありますが。

■どうやって描いたらいいかわからない
ちょっと語弊がある書き方だけども、例えば髪の塗りが変だとか、
細かいディティールを書き込もうとすると変にゴチャつくとか、
まつげが他の人の絵に比べてあまりに不自然な見た目になるとか、
しわや影を描き込もうとすると、よくわからないけどおかしな印象に
なってしまって、描き込みを躊躇する・微妙な感じになる…などなど。

調べても他人の真似っぽい事をしても上手くいった感じはせず、
じゃあこうか・じゃなければこうか…という、普通の絵描きなら
やらないであろうレベルの試行錯誤を繰り返してる、という感じ。
時間がかかりすぎていることともつながってくる。

これは可能な限りのメイキング動画とか、手元の画集・技術書を見て
他人の描き方(絵柄ではない)を覚えるしかないなと。
覚えて自分で試してみて、それから自分なりの描き方を考える…
という手順を踏むべきかなと。前に見た技術書にも似た話があった。
自分の絵柄で絵を描くのは、今の実力では不可能と割り切るしかない。

上で書いたけど、自分のライブ配信なんて見られても数人だし、
有名なIPの二次創作イラストを描いてpixivで公開しても、1ヶ月で
200PVすら届かないレベルなのが現実。その存在を知ってる人の方が
圧倒的に少ないから大丈夫。仮に誰かの描き方に似せたとしても
フォロワー200人台の雑魚絵描きが火種になって炎上とかないからw
それ以前に「○○さんに似てる」とか言われるレベルに達するかすら
怪しいから、そんな問題に発展すること自体ありえないからww

■難しい構図を考えすぎ
「どんなキャラ」「どんな見た目」「どんなシチュエーション」で
描きたい…と自分なりの完成予想図がある状態で描き始めることが
多いけども、これ自体は別に間違ってることだとは思ってない。

まぁ、イラスト講座とかだとラフは何パターンか描いて比較するとか
そういう手順を提示されるけど、描きたいものが決まっていれば
省略できる手順だよね! って思ってるけど間違いだろうか…?
もちろんこれが商業ベースに乗るものだと話が変わるだろうけど。

いずれにしろ、「これが描きたい!」がスタートなので、
他の絵描きが描こうとしない題材や見た目を描きたくなりがち。
特に参考資料が少ないポーズや衣服を描こうとしても、
挑戦するだけの実力がないから所詮は“負け確”でしかないのに
それでもやろうとするから余計混乱してグダるんだろ…と。

構図・ポーズ・服装の全部が、誰かが描いたもの・写真などと
全く同じだと(法的なことは別にして)問題になる可能性があるけど、
この中から一部の要素を“参考にして”描く分には問題ないはずで。
というか自力でできないなら、何かヒントになるものを探すしかない。

描きたいものは山ほどあるけど、今の実力・環境・条件では
今すぐにそれをすべて具現化することはどうやっても不可能。
性格的に思い立ったらすぐやらないとずっと燻るタイプだけど、
大丈夫。いままで見てきたもの・経験したことは無くならないし、
絵を描くことは多くの人が挑戦して、挫折した人も大勢いるだろうけど
形は様々だけども成功した人がたくさんいるのも事実。
自分には目的があるのだから、自分にとって一番いい方法を見つけて、
腐らず努力を続けられれば絶対に自分も成功できる。

■孤独に耐えながらの日々
もしかしたらこれが一番大きい問題かもしれない。
実際問題、絵のことで相談できる人は誰もいないと言っていいし、
それ以外でも身内以外で連絡を取り合う仲の人は片手で足りる。
いつまで経っても絵が上手くならないこと、ツイッターの件も含めて
ここが最大の問題と考えているけども、本当にそうだろうか…。

こればかりは自分だけで結論は出せないし、大丈夫だとも言えない。
それでもいろいろ試してみたことはある。SNSの掲示板に頼ってみたり
イベントで近くのスペースになったサークルの方に声をかけてみたり。
いずれもそれっきりで終わってるんですが、逆の立場で考えたら
一度顔を合わせただけの相手から一方的にメッセージとか送られても
困るのは当然な訳で、そういう意味では自分の立場が変わることで、
それ相応の実力を持つことでしか解決できないんだろうな…と。
逆の立場だったら、絵を基盤にした人間関係を作るのであれば
自分より名前が売れているか、絵の実力が上の人と交流したい…
という考えに至るのは当然のことだと思うし。

ずっと抱えてる悩みだけど、もう諦めて自分だけの力で何とかしろと。
というかある程度のレベルくらい自分の力で何とかできないようでは
絵を仕事にする・目的の達成なんて、まぁ無理な話だろうね…と。
今、第一線にいる人がどうやって乗り越えたのか知る由もないけれど、
人が違えば・環境や条件が違えば取れる手段だって変わってくるから
先達のやり方をなぞる…なんて虫のいい考えすぎるよね…とも。

解決する手段が思いつかないなら、答えのない問題に対していつまでも
グズってる方が遥かに無駄だし、だったら一秒でも長くペンを握って
絵を描く手を動かす方がよっぽど建設的だろうと。
解決はしないから少し気持ち悪いけど、それも含めて自分に与えられた
環境や条件なのだから、その中でやるしかないと割り切ろう。

—————————————-

改めて文字にして思ったけど、今回出した結論の内容はともかく、
モヤモヤしていたことはハッキリできたと感じた。
新刊の方は進めないと時間がないけど、それでも一度立ち止まって
頭を冷やしたことに意味があると思っている。
もう迷わない。もう泣き言は言わない。もしまだ変なことを言うなら
そのときは絵を諦めるときだと、逃げずに公言しておく。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。