投稿者 gradefuji | 2020年6月24日

地方競馬予想2020~帝王賞

少し前の地方競馬におけるGⅠ・JpnⅠは、地元の有力馬が地元重賞を狙う一方
出走する地方馬はクラス的にも格下の馬のみで、選定枠いっぱい出走してくる
中央馬への場所貸しというのが常態化していたが、ノンコノユメ等のように
中央のGⅠ馬が移籍してきたり、モジアナフレイバーのように生え抜きながら
海外遠征まで視野に入れる馬が出てきたのは非常に良いことと思うがどうか。

■6月24日・大井11R 帝王賞(4歳以上JpnⅠ・ダート外2000m)

◎⑧クリソベリル
○⑪オメガパフューム
▲①モジアナフレイバー
△⑥チュウワウィザード
△⑭ケイティブレイブ
×②ルヴァンスレーヴ

メンバー自体は中央・地方ともにいいメンバーが集まってきたものの、さすがに
中央の実力馬が中心となるのは変わらないだろう。問題はその中での比較だが、
ここではクリソベリルを筆頭にする。もちろんサウジアラビア遠征以来の一戦で
ローテーションがどうなのかという懸念はあるものの、前日に予想する以上は
それらの問題はないから参戦してきたと解釈し、走れるだけの状態であれば
昨年のチャンピオンズカップが示す通り、このメンバーでは実力最上位と見る。

前日発売ではオメガパフュームが人気だが、今更言うまでもなくこのコースの
GⅠ・JpnⅠでは結果を残しているし、前走の平安ステークスも59kgながら
文句なしの完勝で、特に懸念材料は見当たらない。あとはクリソベリルとの
力関係とお互いの状態面がどうかというのがポイントになりそう。

オメガパフュームの評価が高いならルヴァンスレーヴも…と言いたいところだが
前走は距離も気持ち短かったものの、果たして一度使われてどこまで…という
問題の方が大きいと思う。休む前のレースぶりを見れば、本来の実力を出せる
仕上がりならあっさり…でも不思議ないが、そこまで持っていけるかどうか。
個人的には、それにしては相手が揃ったというのも含め、評価は低めとする。

穴候補はモジアナフレイバー。フェブラリーステークス以来の休み明けだが、
こちらはハナからここを狙ってきたと思うので、むしろ人気が落ちることも含め
高配当狙いで買うなら今回と思う。しかしワイドファラオよりも下の人気か…。

あとはチュウワウィザードの充実ぶりは軽視できないし、ケイティブレイブは
マイルよりもこのくらいの距離の方がパフォーマンスは上がると思っているので
若い鞍上ともう一丁…があっても何ら驚けない。悩んだのがノンコノユメだが、
ブリリアントカップが余計な気が…。ストライクイーグルもこの相手では…。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。