投稿者 gradefuji | 2020年6月20日

ユニコーンステークス、函館スプリントステークス、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜阪神:三宮ステークス
日曜函館:函館スプリントステークス
日曜阪神:米子ステークス
日曜東京:ユニコーンステークス

今週はまた、オープンのレースを中心に取り上げる形に戻したいと思います。
まず土曜は阪神のダート戦・三宮ステークス。ハンデ58kgのヴェンジェンス、
57.5kgのクリンチャーは相手関係を考えたら注意はしたい。アングライフェンも
ハンデ57kgの通り実績上位であることに変わりはなく、こちらも押さえたい。
馬場の回復次第の面はあるが、時計的にはオーヴェルニュが通用してもいいし、
上がり馬のコンカラーやサクラアリュールも上位に食い込む余地は十分ある。

日曜は3場のメインレース。まず昨年いろいろ大変だったことが大昔に感じる
函館スプリントステークスだが、ダイアトニックが頭ひとつ抜けている感。
ただし馬体重の変動が大きいタイプなので、数字・状態面共に注意は必要。
あとはフィアーノロマーノ、エイティーンガール、マリアズハートを。

阪神はLレースながら、今年からサマーマイルシリーズとしても行われる、
ウインズ米子開設20周年記念 米子ステークス。1ヶ月後には今年はこのコースで
中京記念が組まれているだけに、そういう意味でもチェックしておきたい一戦。

負担重量は別定Aながら、50kgで出走できるスマイルカナは確かに気になる存在。
輸送が懸念という記事もあったが、案外気温が上がらなそうでプラス材料かも。
多頭数で難しいが、レッドヴェイロン、カテドラル、カツジあたりを押さえつつ
長期休み明けのダノンチェイサーも仕上がり次第ではいきなり走ってもいい。

最後に東京の JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY ユニコーンステークス。
ジャパンダートダービーを見据える意味ではいいメンバーが揃ったと思うが、
まずカフェファラオだろうか。新馬戦で10馬身差をつけたバーナードループは
その後JpnⅡを勝っており実力は確か。大外枠に懸念はあるが成長力に期待。

あとはデュードヴァン、タガノビューティー、フルフラットあたりが主力を
形成することになると見ているが、上位拮抗と考えておいた方が良さそう。
逆にレッチェバロックやサトノラファールは、現状では距離や展開面の課題が
重くのしかかるのではないか…と感じて評価を落とすものの、長い目で注目。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。