投稿者 gradefuji | 2020年2月8日

東京新聞杯、アルデバランステークス、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜京都:アルデバランステークス
日曜小倉:関門橋ステークス
日曜京都:きさらぎ賞
日曜東京:東京新聞杯

今週も土曜のオープンと、日曜の各場メインレースを取り上げます。
まず土曜は京都からメインの11レース・ダート1900mのアルデバランステークス。
一度ダートを走った馬を含めて芝からの転戦組の参戦も目立つが、ここは南関東の
下級条件から5連勝中の5歳馬ロードレガリスに注目が集まるだろう。距離延長だが
京都ダート1800mで連勝しているだけに、そちらの面での心配は要らなそうだが、
力のいる馬場になったときにどこまで対応できるかは、まだ何とも言えない感。

前走できっちり巻き返したスワーヴアラミスは引き続き注目だし、人気が落ちる
組の中からアポロテネシーは展開面で一発やってもいい気はする。あと人気次第も
ジョーダンキングやハヤヤッコも侮れない存在。いずれにしろヒモ穴には注意。

続いて日曜の3場メインレース。まず小倉は3勝クラスの関門橋ステークスだが、
昇級戦もダブルシャープに注目したい。時計がかかる馬場向きで、2勝クラスも
勝ち上がるまでに時間はかかるも堅実なタイプなので、このメンバーレベルなら。
あと4歳馬のカウディーリョとナイママ、時計がかかる馬場のことも考えながら
ドリームソルジャーとバイオレントブローも面白そうな存在と考える。

京都は3歳馬のきさらぎ賞(NHK賞)。頭数が少ないので馬券は絞りたい。
とりあえずはアルジャンナを筆頭の評価として、続いて秋全休のサトノゴールドの
伸びしろに期待しつつ、1戦1勝組からはギベルティを上位評価としてみたい。
グランレイは評価に悩むものの、今回は特に展開面が怪しい気がするがどうか。

最後は東京新聞杯。下級条件から連勝中のヴァンドギャルドが目を引くものの、
かなりの低レベルだった昨年のアーリントンカップで9着(3番人気)に負けた、
という過去をどうしても気にしてしまう。ただ他も微妙なメンバーで…。
一応は人気先行気味になる懸念はあるもののレイエンダとサトノアーサー、
人気を落としそうな組からはケイデンスコールとケイアイノーテック、
個人的に気になるクリノガウディーに、海外帰りもクルーガーの一発まで期待。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。