投稿者 gradefuji | 2020年1月29日

地方競馬予想2020~川崎記念

今年のこのブログにおける地方競馬の予想記事は、GⅠ・JpnⅠに限る形で
更新したいと思います。それ以外のダートグレード競走を含むレースの予想は
ツイッターの“#えすふーじ競馬”で随時更新していくのでそちらでご確認を。

■1月29日・川崎11R 川崎記念(4歳以上JpnⅠ・ダート2100m)

◎⑫チュウワウィザード
○①ケイティブレイブ
▲⑪ミューチャリー
△④デルマルーヴル
△③アナザートゥルース

首都圏でも雪が降る、もっと言うなら日照時間が極端に短い…というニュースが
流れている荒れ気味の天候が続いているが、水曜に関しては一気に天気が回復し
気温も17℃くらいまで上がる予報になっているが、川崎の馬場については
さすがに不良のままではないかと思われる。時計のかかり方は当日のレースを
見てみないと何とも言えないが、それ次第で結果が変わりそうな気もするだけに。

中心はチュウワウィザードとした。大外枠というのがまず大きいし、1年前はまだ
実力面で半信半疑の部分があったものの、近走成績を見るまでもなく力をつけて
今のポジションにいるという事実は素直に評価するべき。強敵と言えるのも
せいぜいケイティブレイブ程度のもので、鞍上が戻った今回はチャンスと見る。
ただ、前日発売とは言え単勝1.5倍は予想以上に被った印象。

相手はそのケイティブレイブ。東京大賞典が案外だったものの、仮にこれを
2走ボケと考えるならば、相手関係が楽になる今回は巻き返しを考えていい。
年齢的なものもそろそろ気になってくるが、この相手ならまだ大丈夫と思う。

デルマルーヴルは2番手評価も考えた。ただ、一線級相手となるとまだ実力的に
疑問が残る印象は拭えず、勝つまではどうかと思うが、実績上位2頭のうち
どちらか一方に先着するくらいならチャンスはあるはず。伸びしろにも期待。
デルマルーヴルをそこまで評価するならアナザートゥルースもノーマークという
訳にはいかないだろう。こちらも展開ひとつで一角崩しのチャンスはありそう。

穴はミューチャリー。穴候補になりうる南関東の4歳2頭は、展開を考えると
ヒカリオーソが恐らく前、ミューチャリーはじっくり構える形になると予想。
仮にオールブラッシュがハナを切ると、チュウワウィザードやケイティブレイブ、
ヒカリオーソまでがこれを追いかける形になると考えられ、それを踏まえると
ミューチャリーの方に展開面の利があるのではないかと考える。

ミツバはここでガラリ一変…という可能性もなくはなさそうで悩んだが、
昨年のこのレースを勝った後の一連のレース内容を見ると疑問符が先にくる。
オールブラッシュはミューチャリーのところでも触れたが、仮に今回も
ハナを切ったとしても、追いかけてくる相手が相手だけに前走と同じ展開を
期待するのは酷ではないかと考えるのが妥当だろう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。