投稿者 gradefuji | 2019年12月10日

地方競馬予想2019~クイーン賞

南関東では数少ないハンデ戦という趣旨の記述を、南関東競馬関連のサイトで
見かけた気がするのだが、それでも51kgでもまだ重いと感じる馬が何頭かいて、
サマーチャンピオンほどではないにしても、騎乗できる騎手の問題を含めて
課題は残ったままというように感じる。余談だが、年末のハンデ重賞としては
兵庫ゴールドトロフィーがあるが、こちらはハンデの発表が12月12日とのこと。

■12月11日・船橋11R クイーン賞(3歳以上JpnⅢ・ダート1800m)

◎③アンデスクイーン
○⑦ラインカリーナ
▲⑪トーセンガーネット
△⑨ミッシングリンク
△⑩プリンシアコメータ
×⑥スターレーン

前日発売の時点とは言え、もう少しアンデスクイーンに人気が集中するとも
思っていただけに、ハンデ56kgを含めてかなり恵まれた条件だと見る。
当日になればもう少し売れてくるとは思うが、それでもかなりおいしい印象。

相手はラインカリーナ。ハナは必須条件ではないと思うので、今回については
クレイジーアクセルやスターレーンあたりを行かせての勝負でもいいはず。
天気が崩れる心配は必要なさそうだが、良馬場まで回復しても稍重のままでも
この馬自身の力は発揮できると見ていて、堅実に上位争いしてくれるだろう。

穴はトーセンガーネット。中央馬としての出走だが、わざわざ中央に移籍して、
紫苑ステークスはともかく、福島記念に出走というのがよくわからない…。
結果としてハンデ52kg出走できるのなら、それはそれでいいのかもしれない。

ミッシングリンクはどう考えても距離が長くなるのはプラス。逆に困ったのが
クレイジーアクセルの扱いで、前走レディスプレリュード4着で株を上げたのなら
ちょっと慎重になった方がいい気もしなくもない。ハンデ52kgは魅力だが。
だったらよくわからない感じになりつつあるけど、プリンシアコメータの方に
手を出す方がチャンスはありそうな感じがする。時折見られる大波乱を狙うなら
展開待ちではあるがスターレーンが気分よく前でレースを進められたら…。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。