投稿者 gradefuji | 2019年10月5日

京都大賞典、毎日王冠、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜新潟:4レース・障害オープン
日曜東京1:グリーンチャンネルカップ
日曜新潟:信越ステークス
日曜京都:京都大賞典
日曜東京2:毎日王冠

例によって海外競馬と2歳戦は各自でお願いします(笑)。2歳戦については、
地方競馬のダートグレード競走も行われるくらいのタイミングから、こちらでも
取り上げていこうかな…と考えていますので、そんな感じでお願いします。

ここから本題。まず土曜からは、新潟4レースの障害オープンを取り上げる。
中心として考えるのは4枠の2頭、ボナパルトとジャズファンク。前走の初障害を
勝っているフランドルも人気になりそうだが注意が必要。穴を狙うなら、
シゲルピーマン、ウインレーベンあたりの名前を挙げてみる。

日曜は最初にLレース2鞍。東京10レースのグリーンチャンネルカップは
休み明けの馬が非常に多いが、中心は3歳馬のデュープロセスでいいだろう。
同世代の中では屈指の決め手を持ち、強敵と言える古馬も不在でチャンス十分。
実績的にはワンダーリーデル、決め手勝負であればビックリシタナモーや
ショームあたりも注意。穴候補は鞍上の名前を含めてイーグルフェザー。

続いて新潟メインの信越ステークス。ハンデ戦だが、斤量を気にする必要は
あまりないように映る。人気も割れそうだが、ツーエムマイスター、
キャプテンペリー、エントシャイデンあたりが気になる存在。プールヴィルや
ディープダイバーは一度使われて変わる可能性も十分も、未知数な部分が多い。

続いて注目の重賞2鞍。まず京都大賞典は17頭が参戦。毎日王冠が10頭と考えると
何頭かは東京に行っても良さそうなのに、なぜこちらに集中したのか…とも。
心情的にはエタリオウに何とかしてもらいたいと思いつつ、エアウィンザーや
ダンビュライト、グローリーヴェイズといったところ有力候補も軽視できない。
一発狙いならノーブルマーズ。地味な注目はアルバートとリッジマンの動向w

その10頭立てとなった、東京の毎日王冠についても、個人的な心情として
モズアスコットやハッピーグリンに頑張ってもらいたいと思いつつ、現実的には
斤量54kgで出れるダノンキングリーだろうな…と。ペルシアンナイトが続き、
インディチャンプは斤量58kgも考慮すると、どうしても慎重な判断になる。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。