投稿者 gradefuji | 2019年8月17日

札幌記念、北九州記念、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜小倉:テレQ杯
日曜小倉:北九州記念
日曜新潟:NST賞
日曜札幌:札幌記念

さっそく本題。まず土曜は小倉メインの3勝クラス・テレQ杯を取り上げる。
降級廃止に合わせていろいろ変化が起きているが、そのうちの一つと言える
これまで下級条件でしか使われなかったコースによる上級条件のうちの1鞍。

ここはダート1000mだが、3歳馬のモンペルデュが人気になりそうと見る。
持ち時計的な根拠は薄いが、内枠&引き続き斤量52kgなら押さえておきたい。
前走で同じコースの2勝クラス・小郡特別を勝ったヘルディンだが、こちらは
時計だけ見れば3連勝を決めてもいいように感じるものの、何か引っかかる。
あとは人気が読めないがタガノアムとブラックランナーを気にしてみる。

続いて日曜の3場メインは発走順に取り上げる。最初の小倉はハンデ重賞の
テレビ西日本賞 北九州記念。とりあえずラインスピリット(笑)として、
ハンデ57.5kgでも結果を残したアレスバローズ、5連勝中のディアンドル、
4連勝中のミラアイトーン、巻き返し期待のモズスーパーフレアを上位候補。
あとオッズ次第ではあるが、ファンタジストが穴馬になってもいい気はする。

次は新潟のNST賞。ハンデ戦故か格上挑戦の馬も多く悩むが、ハンデよりも
コースの要素を重視してサイタスリーレッドの巻き返しを軸に考える。
オープン勝ちがある割にハンデが恵まれたウインオスカー、安定して
上位争いをしているのは評価していいストロベリームーン、穴候補として
巻き返しがあるなら今回と見るモズワッショイまで。

最後に注目の札幌記念。例年以上に注目度の高い有力馬が集まったが、
どの馬も絶対的中心となりうる要素には欠ける印象。それでも中心馬を
1頭絞るならフィエールマンか。どうしても菊花賞・天皇賞のタイトルが
クローズアップされるが、結果的にこの2タイトルを取ったに過ぎず、
今回の馬場・距離の条件に一番ハマるのはこの馬ではないかと考える。

ワグネリアン・ブラストワンピースも巻き返しは考えていい条件だし、
近況微妙もサングレーザーは穴馬候補として挙げておきたいところ。
逆にペルシアンナイトは軽視でいいと判断。それ以外の馬が割って入る
余地もなさそうな印象のメンバーで、馬券的にはあとは着順次第。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。