投稿者 gradefuji | 2019年8月9日

エルムステークス、関屋記念、他【時々是競馬】

今週の予想掲載レース(掲載順)…
土曜新潟:1R・障害オープン
土曜小倉:阿蘇ステークス
日曜札幌:エルムステークス
日曜新潟:関屋記念

まず告知。来週(12日からの1週間)で地方競馬のダートグレード競走が全部で
3鞍行われることになっていますが、このブログではこの3競走のうち、
月曜盛岡のクラスターカップについて、このブログで予想記事を掲載します。
それ以外の2競走(サマーチャンピオン・ブリーダーズゴールドカップ)は
ツイッターの“#えすふーじ競馬”で予想のツイートを行うことにしています。

ここから本題。今週は土・日計4鞍組まれているオープン競走を取り上げる。
この記事の冒頭で予想掲載レースを記載しているので、まさか今になって
「え? 3鞍では?」という突っ込みもないとは思うが(笑)、一応書くと
あくまで“オープン競走”としか言ってないので、そういうことですww

ということで、まずは土曜新潟1レースで組まれている障害のオープン戦。
障害転向後2戦2連対のマイネルアトゥーが中心になりそう。続くのは
スワーヴエドワード、マイネルヴィッサー。穴でシゲルピーマンを。
実績上位のノワールギャルソンは、2走前が示す通り斤量62kgは厳しい。

次は土曜小倉メインの阿蘇ステークス。プレスティージオはハンデ55kgも
他場も総じてハンデが軽く、これ自体は大したアドバンテージにならないと
見るが、うまく運べれば上位期待。メイショウワザシとの兼ね合い次第。
あとは一度使われたドンフォルティス、何気に昨年2着のエポック、
勝つまではどうかと思うが連勝式の相手候補でメイプルブラザーもアリ。

続いて日曜の重賞。まず札幌のエルムステークスは、このブログ恒例の
“懲りずに”パターンでリーゼントロックをまず挙げるが(笑)、
現実的にはリアンヴェリテ、グリム、モズアトラクションまでが中心。
ハイランドピークはいつ復活するかわからないので一応追いかけるが…。
あとはドリームキラリまで。タイムフライヤーの参戦はひとまず軽視。

最後に新潟の関屋記念。ミッキーグローリーはできれば穴候補になってほしい
などと考えてはみるものの、鞍上含めて現実はそうはいかないだろう。
ロシュフォールがコース替わりで一変の可能性を秘めていそうで要注意。
あとはソーグリッタリング、リライアブルエース、穴でミエノサクシード。
ケイデンスコールはどこまで信用していいか難しいが、現状は人気次第。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。