投稿者 gradefuji | 2019年7月3日

地方競馬予想2019~スパーキングレディーカップ

このレースが木曜日に施行されるのは3年連続。昨年・一昨年はこの川崎開催が
月曜始まり・5日連続開催の4日目だったが、今年は月曜に前週から引き続きの
浦和開催があったためか、火曜から4日連続開催の3日目の施行となっている。

■7月4日・川崎11R スパーキングレディーカップ(3歳以上JpnⅢ・ダート1600m)

◎④ファッショニスタ
○⑪ゴールドクイーン
▲⑭マルカンセンサー
△③ラーゴブルー
△②サルサディオーネ

人気は前走重賞勝ちのゴールドクイーンや、3歳のマドラスチェックあたりに
なると見込むが、ここではファッショニスタを中心視してみる。直近では
ハナを切る展開に活路を見出している感があるが、地方の小回りコースと
考えたときに、こういうレースができるというだけでも大きな進歩と思う。
ハナにこだわる必要はなく、枠順的にはロスなく進める利点の方が大きそう。

相手はゴールドクイーン。近況もっとも良いのは間違いなくこの馬だし、
牡馬相手のダートグレードで勝ち切るだけの力があるのも見せているが、
いくら小回りとは言え初めての1600mには、少し慎重になってもいいかも。
人気になるのがほぼ確実なだけに、思わぬ取りこぼしが無いとは言えない。

ラーゴブルーは、今の南関東(というか地方全体)の牝馬でトップを張る存在。
マリーンカップ以来で一息入る格好ではあるが、地力だけなら大きな負けは
考えづらいという意味合いでこの評価。休み明けだけに状態面が鍵。
サルサディオーネはハナを切りたいor先団につけたい組の中では人気がなさそう。
しばらく長めの距離を使っているのが気にならなくもないが、無理にハナに
こだわらず、内枠で自分の競馬に徹してくれたならチャンスはあってもいい。

穴は迷わずマルカンセンサー。TCK女王盃は一部スポーツ紙の陣営コメントで
超強気な文字が並んでいた中で2着。中1週の次走は掲示板も外したが、
その後2走はB1ながら楽勝で再びの牝馬限定重賞参戦。距離短縮ではあるが、
コーナー4回の川崎1600mで大外枠なら、むしろ好都合のように感じる。
逆にマドラスチェックの方が、斤量52kgよりも距離の心配をした方がいいように
個人的には感じられ、危険な人気馬になりそうな雰囲気を感じるのだが…。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。