投稿者 gradefuji | 2019年2月23日

着実に平成の終わりが近づいている【時々是競馬】

今週は中山・阪神が始まり、いよいよGⅠを本格的に意識し始める時期だが、
ここはいつも通りのトーンで進めます。まず土曜は、例年は東京で施行されている
障害の春麗ジャンプステークスが、今年は中山3200m(直線ダート)で行われる。

6頭が前走で未勝利勝ちというメンバーだが、その中から人気になりそうだが
平地力も備えるメドウラークの連勝に期待。実績的にはトラストが上位だが、
休み明けだけにやや不安は残る。それならハルキストンやシゲルピーマン、
穴として斤量が軽くなるドリームハヤテまで挙げておきたい。

土曜阪神ではLレースが2鞍。まず3歳戦のマーガレットステークスは6頭立て。
素直にディアンドル中心でいいと思うが、かなり絞らないと配当面は期待薄。
とは言え他の5頭が決め手に描けるので悩ましい。それでもあと2頭に絞るなら
ブリングイットオン、シングルアップとしておく。

ダートのハンデ戦・仁川ステークスはアングライフェンが人気上位と見るが、
とりあえず懲りずに(笑)コスモカナディアン。今回は人気な気もするが…。
あとは人気次第ではあるものの、ナムラアラシ、テルペリオン、ピオネロ、
ホーリーブレイズ、モズアトラクションあたりまでは考えておいていい。

阪神は日曜にもLレースが組まれていて、おなじみの3歳戦・すみれステークス。
但しこちらも6頭立てで、アドマイヤジャスタ、サトノルークス、キスラーの
順番当てレースの感が強い。それでも穴でショウリュウイクゾを考えるか…?

続いては日曜の重賞。阪神の阪急杯はなかなか難しい一戦。人気も読みづらいが
例によって懲りずに(笑)ラインスピリットから始まる。ダイアナヘイローや
上がり馬のエントシャイデンに手を出したくなるが、スターオブペルシャや
レッツゴードンキ、ミスターメロディあたりも面白そう。穴でロードクエスト。

そして注目の中山記念は、天皇陛下御在位30年慶祝競走と銘打たれている。
実績と近況を考えて、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロの
順番で見ているものの、ディアドラとラッキーライラックが斤量面まで含めて
どこまでやれるのかは少し注目しておきたい。穴はハッピーグリン。

最後に日曜小倉の下関ステークス。このレース名としては、2010年・2011年以来
8年ぶりの施行となるが、当時は中京競馬場改修工事の代替開催だった。
ブライティアレディ、ミトノレインボー、メイショウカリンと牝馬中心も、
レーヴムーンやレッドラウダもマークしておきたい。穴はファミーユボヌール。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。