投稿者 gradefuji | 2019年2月15日

GⅠでもフルゲートにならないか【時々是競馬】

今週は注目レースがあるものの、まずは土曜の東西ダブル重賞から。まずは
京都牝馬ステークス。タイトルの流れに反してフルゲート18頭の難しい一戦。
人気上位組からはワントゥワン、エイシンティンクル、アルーシャに期待したい
気持ちはあるが、一筋縄ではいかなそう。リバティハイツ、ディメンシオンに、
レーヌミノル、カラクレナイ、ベルーガ、デアレガーロなどなど穴馬は多い。

東京ではこの時期おなじみとなる、3400mハンデ戦・ダイヤモンドステークス。
ここ数年は頭数が集まっていたことを考えると10頭というのは少々寂しい。
人気はユーキャンスマイルだろう。グローブシアター、カフェブリッツも
この程度のハンデなら…ということで、基本的には順当と見る。穴としては
休み明けに強いルミナスウォリアーまで。ソールインパクトは次改めてか。

続いて日曜。3場メインだが発走順に取り上げる。まずハンデ戦の小倉大賞典。
展開は順当ならマルターズアポジーがハナだろうから、そういう意味では
ケイティクレバーやタニノフランケルはレースを運びやすくなると思う。
マイスタイルがどう絡んでいくかが鍵になりそうでそれ如何では前残りにも
エアアンセム、レトロロックあたりを中心とした差し馬のレースにもなり得る。

京都もオープンのハンデ戦で、こちらはダート1200mの大和ステークス。
ラブバレットのハンデ54kgに期待するのは酷だろうか。輸送が鍵ではあるが
距離短縮・京都コースは間違いなく上積み材料になる。穴候補として一考。
人気はジューヌエコール、タテヤマと見るが、オウケンビリーヴや
ヴェンジェンスは人気が落ちてくれるなら買い。あとヤマニンアンプリメまで。

そして注目のフェブラリーステークスだが、ルヴァンスレーヴの回避などが
あったとは言え、フルゲート割れの14頭という頭数になった。直近の重賞も
時期的要因もありなかなか頭数が集まらないが、GⅠでもか…という印象。

ただ、メンバー自体は上がり馬・実績馬が入り乱れ、騎手の方でも注目が集まり
またちょっと違った楽しみが多い一戦ではある。人気はGⅠ実績なんて関係なく
インティ、コパノキッキングだろう。続いて実績上位組のゴールドドリーム、
オメガパフューム、サンライズソアあたりが続くと見込むが、馬券的には
サンライズノヴァがやってくれそうな気がしてならない。人気が落ちることが
大前提ではあるが。インティ・コパノキッキングは共に距離の問題を抱えてるのを
忘れてはいけないだろう。オメガパフュームは距離短縮でも問題なさそうか。

どこまで手を広げるかという問題はあるものの、モーニンやユラノトも一発の
魅力は十分にあるし、更に余裕があるならクインズサターンまで一考の余地あり。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。