投稿者 gradefuji | 2019年2月10日

地方競馬予想2019~佐賀記念

土曜のJRA東京開催が中止になったことで月曜に代替開催が組まれ、その影響で
ヒラボクラターシュに“事故”を変更理由とした乗り替わりが発生するなど、
この時期ならではの状況が起きているが、これがどのような結果につながるか。
ちなみにグリーンチャンネルでの中継は、地方競馬中継がなくなる代わりに、
東京開催の中継を行う全レース中継の番組内でカバーする模様。

■2月11日・佐賀8R 佐賀記念(4歳以上JpnⅢ・ダート2000m)

◎①テーオーエナジー
○⑩グレイトパール
▲②リーゼントロック
△⑦ヒラボクラターシュ

前日発売は行われているが、正直そのオッズは何のアテにもならないので、
基本的にはないものとしていいが、単なる中央馬への場所貸しレースという
考え方をしていると、足元をすくわれる可能性が高いように感じる。
馬券的な焦点は、グレイトパールが明らかに格下の佐賀のメンバー相手の2戦で
立て直したと考えていいかどうか。前走の雷山賞の時計とレースぶりを見れば、
例年の佐賀記念のレベルであれば勝ち負け必至と言っていい。

まともに考えればテーオーエナジーが中心になるはずだが、最内枠のハンデを
どこまで盛り返せるかということになる。馬券的には切れないのは事実だが、
仮に単勝1倍台とかまで売れてしまうと、本当に大丈夫か?とはなりそう。
グレイトパールは外目の偶数番といい枠を引いたし、元々の実力を考えれば
GⅠも十分に狙えるレベルであったのも事実。このレースを目標に移籍したと
言われてはいるものの、形としては2連勝と立て直したとするならば…。

穴はリーゼントロック。鞍上の松岡がこのレース以外にも騎乗予定があり、
代替開催の東京で7鞍の騎手変更が発生してしまう形だが、結果的にこちらを
優先する格好になったのも面白い気がする。曲がりなりにも中央馬であり、
相手関係が楽になるダートグレード競走のJpnⅢなら前進はあっていい。
ヒラボクラターシュはなんだかんだ言って上位人気になるだろうし、
もともと騎乗予定だった福永に代わり、期間限定騎乗の山本聡哉というのも
興味は持ちたくなるところ。うまくテーオーエナジーあたりとの兼ね合いを
対処できれば、こちらが逆転するケースがあっても不思議ではない。

アスカノロマンとメイショウスミトモは考えたが、斤量58kgと近況を考えると
手を回すまではいいかな…と。グレイトパール以外の地方馬も、キクノソルや
スーパージェットも地方馬同士なら…というのはあるが、中央のバリバリの
オープン馬を相手にすると、ちょっと厳しいと言わざるを得ない。

(本部中敬称略)

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。