投稿者 gradefuji | 2019年1月23日

地方競馬予想2019~TCK女王盃

最近は南関東もナイター開催(というか開催日数そのもの)が増えているが、
大井と川崎は、この時期は昼間開催。一方で船橋は1時間ほど時間割を早めて
ナイター開催を行っていて、人馬の体調管理の大変さを感じるところ。
大井でナイター開催ではないダートグレード競走は通常このレースだけで、
テープ演奏のファンファーレが聴ける貴重なレースと勝手に思っているw

■1月23日・大井11R TCK女王盃(4歳以上JpnⅢ・ダート外1800m)

◎⑥ラビットラン
○⑬アイアンテーラー
▲④ワンミリオンス
△③エイシンセラード
△①ビスカリア
×⑧クレイジーアクセル

地方馬もいいメンバーが参戦してきた印象はあるものの、それ以上に中央馬が
この時期のGⅢと考えると割と揃った感が強く、賞金別定という斤量設定と
個々に課された斤量を見る限りは、やはり中央勢優勢というのが基本線。

中心になりうるのはラビットラン、アイアンテーラー、格上挑戦にはなるが
エイシンセラードだろうか。ここは人気通りだが素直にラビットラン中心、
相手にアイアンテーラーとした。ラビットランは56kgで出れるのが大きいし、
アイアンテーラーは大外で砂を被らず内の出方を見れるのは大きい。
とは言え大井の外回り1800mなので、スタートから1角の余裕はやや少ないが。

エイシンセラードは過剰人気にならないかどうかが懸念。ある意味、牡馬相手の
中央1600万より上位争いのチャンスは大きいのも事実だが、だからと言って
もしここで単勝1.8倍の1番人気です…とか言われたらさすがに疑問にはなる。
とは言え中京・阪神と坂のあるコースで前々につけての連勝は価値がある。
前日発売の単勝は3番人気・6.0倍で妥当な範囲だが、当日発売の動向には注意。

ビスカリアは迷ったが、クレイジーアクセルとアイアンテーラーが共に譲らず
ズブズブの展開になるようならチャンスはあるかも…というレベルでの推奨。
基本的には追い込み一手でアテにはしづらいので、過剰な期待も禁物。
クレイジーアクセルはアイアンテーラーに絡まれると苦しいが、枠順とコースを
考えたらハナを切ることになるだろう。アイアンテーラーがかわいがってくれる
レースをしてくれるならば、3着争いの目はあってもいいと思う。

穴はワンミリオンス。近況を考えると、過去の実績だけで手を出すのもどうかと
思わなくもないが、何か変わる要素があるなら去年から一気に株を上げた
鞍上への乗り替わりになるだろうか。いずれにしろ配当的にはおいしいはず。
ブランシェクールも少し考えたが、先に挙げたメンバーを押し退けてまで
ヒモ穴として買うには少し勇気が要ると感じた。その割には人気だが(笑)。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。