投稿者 gradefuji | 2018年12月24日

地方競馬予想2018~名古屋グランプリ

年によって開催時期がやや前後するダートグレード競走のひとつだが、今年は
有馬記念よりも後のタイミングでの施行。もっとも、JRAの開催がない祝休日の
月曜開催を狙っていたとも思われる日程で、即PATだけでなくA-PATでも買える
このタイミングというのは理にかなってるが、個人的にはSPAT4ですw

■12月24日・名古屋11R 名古屋グランプリ(3歳以上JpnⅡ・ダート2500m)

◎⑦グリム
○⑧チュウワウィザード
▲⑥カツゲキキトキト
△①ミツバ
△⑤センチュリオン
△③ナムラアラシ

特に地方馬のこの時期、各地の年末年始開催にエントリーが集中する傾向だが、
頭数はともかく、メンバーの質は中央・地方ともに一定レベルは維持したか。
とは言え中央馬は選定枠いっぱいの5頭出走で、過半数を占めることになり、
地方が出たがらないなら中央に枠を与えても…というのはどうしても感じる。

グリム・センチュリオン・カツゲキキトキト・ミツバまでが白山大賞典で直接
対戦していて、余程のことがなければ大きな紛れは起こらないと思う。ただ、
ミツバがその白山大賞典で意味のわからない大惨敗をしていて、その結果を
度外視して考えるか、またやらかすと考えるかで、少しアプローチは変わる。

印としては、そういう事情も加味して無難な評価にまとまった。考えたのは
カツゲキキトキトを△と▲のどちらにするかだが、恐らく5番人気だろうと
踏んで、今回はこちらの印とした。地元の長距離戦なら前進があってもいいが。

逆転を考えるならチュウワウィザードで。キャリアの少ない3歳馬で、
前走の師走ステークスでは再びテーオーエナジーに先着を許したが、まだまだ
伸びしろは見込めそうなレース内容だったし、外枠は間違いなくプラス。
あとは超小回りの名古屋コースに対応できるかどうかだけだろう。

ナムラアラシは近走着順こそもうひとつだが、春先は重賞でもそこまで
離されてはいないので展開ひとつとも思える。ただ、カツゲキキトキトに
先着できないようでは、他の中央馬相手にどうかというのはあるが。
あと、今のハッピースプリントに過去のパフォーマンスを求めるのは酷。
トーセンノワールもいくら南関所属とは言え、この相手では格下感は否めず。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。