投稿者 gradefuji | 2018年12月18日

火曜版は今回で最後【時々是競馬(火曜版)】

前々から告知してますが、タイトルにもある通り(火曜版)の更新は今回までで、
来週はダートグレードの予想を優先するため(週末版)のみ更新、年明けからは
現在の(週末版)に一本化し、地方競馬の予想はツイッターで簡単に取り上げる
方向で更新する予定にしているので、興味のある方はそちらでひとつ。

以下本題。振り返りはクイーン賞から。アイアンテーラーがハナ、追う形で
サルサディオーネの隊列がゴールまで続いた。水が浮く馬場だったことを考えれば
ある意味必然的にこうなるという格好ではあるが、その後のオルキスリアンと
ハービンマオについてはすいません。完全に甘く見てました。逆に大惨敗の
プリンシアコメータは、今回については+18kgに敗因を求めていいだろう。

続いて中央。朝日杯フューチュリティステークスは、前回の(週末版)の記事を
ちゃんと観ていた方であれば、単価賞77倍に惑わされずにクリノガウディーを
買うことができたと思います。おめでとうございました。肝心の自分の方は
日曜日は馬券を買えていなくてですね(笑)。ディセンバーステークスと併せて
こういう時に限って“持ってない”自分のなさを呪うしかないのが辛いw

レースの方はグランアレグリアが楽勝続きで叩き合いで怯んだとか、逆に勝った
アドマイヤマーズは並んだら負けない勝負根性や経験が活きた…みたいな形での
振り返りが目立つ印象だが、グランアレグリアは牝馬が勝てば…的な補正も込みの
人気だったという風に自分には映り、1.5倍と言われると少し疑問は感じた。
もっとも、牝馬同士なら現時点ではクラシック最有力の評価はしていいと思う。
逆に牡馬クラシックはここに出ていない馬が主役の可能性も十分ありそう。

ターコイズステークスはペースも流れたは流れたが、馬券的には波乱の決着。
見せ場を作ったのはデンコウアンジュ。気づいたらうちをスルスルと割って
あわやの3着。ハマればいい脚を使う馬ではあるが、これが次はいつ見れるか。
それがわかれば馬券的には苦労しないのだが(笑)、人気が落ちたときか。
ミスパンテールはマイルくらいで来年も期待。リバティハイツはメンコの効果と
言われてはいるものの、次走改めて進化を問われることなりそう。

最後に展望は、ダートグレードの 目指せケンタッキー 全日本2歳優駿以外から
木曜名古屋のコウヤマキ特別。出走馬1頭にフォーカスするだけだが(笑)、
笠松で4連勝中のカイシュウキリシマに注目。2走前の笠松・飛騨シリーズの
陣屋特別でも楽勝だったが、前走はA級を勝利して4連勝。満を持しての
名古屋遠征でも連勝を伸ばすシーンが見られるか、期待してみたい。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。