投稿者 gradefuji | 2018年12月18日

地方競馬予想2018~全日本2歳優駿

関係者への認知度が低そうな“JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY”に昨年から
指定されたこともあってか、気付いたら今年から【国際交流】となっていた。
ただ、東京大賞典とは異なり格付け上はJpnⅠのままで、既に発表されている
2019年のダートグレード競走年間予定においても、今のところはJpnⅠのまま。

■12月19日・川崎11R 全日本2歳優駿(2歳JpnⅠ・ダート1600m)

◎⑤デルマルーヴル
○⑫ノーヴァレンダ
▲③イグナシオドーロ
△②メイクハッピー
△⑪ガルヴィハーラ
△⑩ミューチャリー

一連のゴタゴタで浦和所属馬の出走がないのがどう出るかだが、それ以上に
中央・地方ともに現時点においてはレベルの高いメンバーが揃った印象。
基本的には中央馬優勢というケースが多いものの、地方馬もこのメンバーなら
馬券圏内確保以上の結果を期待してもいいのかもしれない。そして要注意なのは
北海道2歳優駿で実際に1着だったのはイグナシオドーロの方だったこと。

前日発売では、大方の予想通り中央馬が上位人気の中心だが、南関東からも
3戦3勝のミューチャリーが2番人気に支持されている。但し、前走の鎌倉記念の
着差が評価を押し上げているのだとしたら、それは冷静になるべきと思う。

オッズ以上に上位拮抗と見ているが、中心はデルマルーヴルとしてみた。
もちろんダート無敗で来ることに越したことはないが、なんだかんだ言って
前走は重賞の兵庫ジュニアグランプリを勝ち、鞍上も12月になってようやく
エンジンがかかってきた感のあるMデムだけに、ここでも期待してみる。

相手はノーヴァレンダ。メイクデビューの競走中止を除けばダートは2戦2勝。
今回の中央場が比較的差しに徹している馬が多いことを考えれば、ここでも
スッと好位につけての早め抜け出しのシーンは十分。3戦いずれも1800mの
レースを使われているが、血統面だけ見れば距離短縮も問題ないはず。

メイクハッピーとガルヴィハーラも当然上位候補だが、どのみち人気だろうし、
だったら…という意味合いが強い。いずれにしろ対戦実績が少なく、どの馬も
見どころが多く、現時点での人気上位でそのまま安易に決着ともならないと見る。

穴はイグナシオドーロ。先の朝日杯フューチュリティステークスで、勝った
アドマイヤマーズの勝負根性や経験が活きたという評価をするなら、ここで
それに該当するのはこの馬だと見る。枠順も考えればハナを取る可能性も高く、
中央馬にじっくり構える馬が多いなら、粘り込みの可能性を考える価値はある。

もう1頭買うならミューチャリー。ただ、人気が落ちてくれることが前提。
いくら鎌倉記念で6馬身差圧勝と言っても、今回の相手で同じような展開を
望むのは少し都合が良すぎる。南関東の中では力はあるのは同意だが…。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。