投稿者 gradefuji | 2018年11月4日

2018・JBC3競走展望【時々是競馬(特別版)】

ということでJBCについては、普段のダートグレード競走の展望のときと同様に
予想印をつけてコメントをつけて取り上げたいと思います。ただ、3競走あるので
個々のボリュームは若干少なめです。これも例年通りではありますが。

■11月4日・京都10R JBCスプリント(3歳以上JpnⅠ・ダート1200m)

◎⑤マテラスカイ
○④キタサンミカヅキ
▲②ニシケンモノノフ
△⑥グレイスフルリープ
△①ネロ
×⑫ラブバレット

地方馬が中央に出走してくると、不当に評価されないケースが多々見受けられ、
今回のメンバーも元中央のキタサンミカヅキはともかく、ダートグレード競走で
一定の成果を残しているラブバレットは単勝万馬券になるほどではないと思う。
逆にグレイスフルリープは鞍上補正が働いてるにしろ、人気し過ぎの感が強い。

マテラスカイはこのメンバーでもテンは速いし、中央のダートなら違う結果が
出ると踏んだ。キタサンミカヅキは現在の地方短距離最強だし、元中央だけに。
グレイスフルリープは叩き2走目に強いので、人気は落ちてほしいが押さえる。
穴ならニシケンモノノフ。休み明けも悪くはないし、ガラリ一変の余地はある。
芝中心の組・1200mは微妙に短そうな馬も多く、案外波乱になっても不思議ない。

■11月4日・京都11R JBCクラシック(3歳以上JpnⅠ・ダート1900m)

◎⑧ケイティブレイブ
○⑩テイエムジンソク
▲⑦サウンドトゥルー
△⑫アポロケンタッキー
△④サンライズソア
×⑪カツゲキキトキト

リピーターが多い、堅い決着が多いというのが例年の傾向だが、人気については
相当に割れ気味で、さすがに中央馬の方が多いとなると普段地方でやるようには
いかない部分もある。その人気上位馬も額面通り受け取り難い部分があって…。

オールブラッシュとテイエムジンソクの兼ね合い次第で展開が大きく変わるか。
地方移籍後は逃げて結果を出しているシュテルングランツ、カツゲキキトキトも
できれば前につけたいクチなので、思わぬ展開になることも考えておきたい。
印としては上記の通り。テイエムジンソクは悩んだが今回がラストチャンスか。

■11月4日・京都12R JBCレディスクラシック(3歳以上JpnⅠ・ダート1800m)

◎③クイーンマンボ
○⑯アンジュデジール
▲⑨サルサディオーネ
△④ラビットラン
△⑩プリンシアコメータ
×⑤ラインハート

このレースは東京トゥインクルファンファーレが生演奏を行うということで、
恐らくここでしか聞くことのできない関西GⅠファンファーレにも注目。
レースとしては波乱の傾向もあり、平気で人気薄の地方馬も馬券に絡む。

ラビットランがダートの新星になるか…といった感じの期待値に見えるものの、
ブリーダーズゴールドカップが特殊なコンディションだった事は覚えておきたい。
クイーンマンボの取捨も悩ましいが、同厩舎2頭出しの人気薄でもあり…。
印としてはクイーンマンボの巻き返しに期待した。アンジュデジールの人気が
ファッショニスタらより下というのは、個人的には解せないのだがどうか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。