投稿者 gradefuji | 2018年10月30日

JBCの前に平日の地方競馬【時々是競馬(火曜版)】

まず回顧。天皇賞は馬場を考えれば相当なスローペースで逃げたキセキが
上がり勝負になりながら最後まで粘ったが、レイデオロが捉えるとあとは完勝。
サングレーザーも自分の脚は使ったし、12kgの馬体減が次に向けてどうかという
疑問は残りつつも、GⅠタイトルまでそう遠くはないと見ていいのではないか。

スワーヴリチャードが出遅れて後方のままでいいところなく惨敗だが、
これはもう切り替えて次の巻き返しを目を向けた方がいいと考える。
完全に最後は無理して追ってなかった時点で、今回はダメだと割り切った訳で
一度レースを使えば変わってくるだろうと思いたい。次走人気落ちるなら。

スワンステークスはそこまでペースが上がらない中で、モズアスコットも
ロードクエストも後方から進めたが、さすがに最後は決め手の違いを見せた。
ただ、ロードクエストがわずかに先着したというのは個人的には誤算。
というかロードクエストは今になって復活の重賞勝ちという形で、なぜ今まで
消化不良気味なレースが続いていたのかと思ったが、結局これも騎手の分か…。

地方の回顧は鎌倉記念。リンゾウチャネルは手応えに余裕がありそうな感じで
早め先頭に立ったものの、ミューチャリーがまくり気味にそれを捕まえた。
6馬身という差だけ見ると勝負付が済んだようにも見えるが、まだこの時期だし
ミューチャリーは輸送のせいか馬体減が大きかったのが次への課題だけに。

今週の地方競馬の展望は、水曜大井の 東京スポーツ盃 マイルグランプリ。
この中のいくらかがJBCに参戦すれば…とは思うが、京都となると輸送もあるし
いくらNARから補助金や報奨金が出ようが、南関重賞のレベルや賞金と比べると
どうしても有力どころはこちらを選択してしまうのは仕方ないのだろうか。

まともに考えればリッカルド頭だが、休み明けで外枠をどう考えるかだけ。
ヒガシウィルウィンが57kgで出走できるのは大きい。頭まであるかと言われると
これまでのリッカルドとの対戦では分が悪いので強気にはなれないものの…。
しれっと移籍していたディアデルレイ、一発の魅力あるトーセンハルカゼまで。
オメガヴェンデッタはやや人気先行気味な気がするのが不安といえば不安。

なお、木曜門別の北海道2歳優駿は、今度は忘れないように明日更新します。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。