投稿者 gradefuji | 2018年10月27日

GⅠラッシュもまだまだ序の口【時々是競馬(週末版)】

まず告知から。来週の中央競馬はJBCがある訳ですけど、普段からこのブログでは
地方競馬のダートグレード競走の展望をやっていて、本来JBCって地方競馬の
お祭りという側面があるので、来週についてはそのJBC3競走の予想のみ、
土曜の競馬終了後以降に【時々是競馬(特別版)】として更新します。
普段のダートグレード競走の予想と同じスタイルでの更新の予定です。
また、来週の【時々是競馬(週末版)】については、JBC3競走以外の
週末のレースの展望を中心とした構成で更新する予定にしています。

その次の週は、当ブログ的最重要レース(三鷹特別・武蔵野ステークス)が
行われるということもあり、水曜日(11月7日)に、主に三鷹特別に向けた
徹底展望を、これも【時々是競馬(週末版)】として更新する予定です。

ということで今週の展望。まずは天皇賞だが、13頭という頭数を見ると
若干の物足りなさはあるが、現役トップクラスの実力馬がしっかり顔を揃えた。
休み明けのスワーヴリチャードをどう取るかが鍵になりそう。相変わらず
時計の速い決着が続くようだと足元をすくわれる気がしなくもないが、
土曜の天気予報がやや芳しくないので、そちらの影響まで見ないといけない。
ただ、個人的にはそれよりもサングレーザーの方に(鞍上含め)魅力を感じる。
毎日王冠組は基本軽視。逆にアルアイン・ダンビュライトは人気なさすぎ感。

土曜京都の毎日放送賞 スワンステークスは11頭と、トライアルとしてもかなり
寂しい頭数になってしまった。しかし1年前は1000万の三鷹特別を勝った程度の
モズアスコットが、今度はGⅠタイトルを引っさげての復帰戦に注目。
顔触れを見る限り、休み明け・58kgでも順当に勝って先に向かってほしい。
相手は鞍上補正かロードクエストか人気しそうも、このレベルの相手なら
懲りずにグァンチャーレ、決め手はあるコウエイタケル、レーヌミノルまで。

日曜新潟のルミエールオータムダッシュは“直千”だけにフルゲート18頭。
おなじみセカンドテーブルやレッドラウダ、人気上位候補もグラミスキャッスル、
ハンデ50kgは面白そうなホウオウスクラム、ミキノドラマー、こちらは牝馬で
48kgのジュリーハーツと、前走1000万負けも飛翼特別の上位組は面白そう。
いずれにしても枠順が出る前の予想だけに、枠順次第では大きく変わるかも。

日曜京都のカシオペアステークスは、上がり馬のエアウィンザーが人気か。
グリュイエール、トリコロールブルー、ブレスジャーニーあたりも馬券的には
十分狙えそうな感じはある。余裕があればゲッカコウも面白そうではあるが…。
土曜東京のアルテミスステークスは難しい2歳牝馬の重賞だが、素直に実績面から
グレイシアとウインゼノビアを評価しつつ、鞍上補正でミディオーザ、
良血のビーチサンバ、勝ちっぷりでは負けていないシェーングランツも。

最後に時事ネタ的な意味で、土曜京都12Rのヒダロマンの名前だけ挙げたい。
真面目に書くなら、実績のある休み明けであり一発狙いなら今がチャンス。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。