投稿者 gradefuji | 2018年10月10日

地方競馬予想2018~レディスプレリュード

JRA京都で行われる今年のJBCは、発走順も普段地方競馬で行われる場合とは
少し異なり、スプリント → クラシック → レディスクラシックという順番。
当日の10~12レースの間で組まれるため、レディスクラシックは最終レースに。
但しWIN5の対象レースには含まれているので、勘違いの無いように注意。

■10月11日・大井11R レディスプレリュード(3歳以上JpnⅡ・ダート外1800m)

◎⑨プリンシアコメータ
○⑭クイーンマンボ
▲①ワンミリオンス
△⑥アンジュデジール
×②ニシノラピート

距離のカテゴリを問わず、牡馬のレースに比べれば中央馬と地方馬の力の差は
かなり縮まるし、案外地方の有力どころの近況も馬鹿にできないのは、
頭に入れておいた方がいいだろう。逆に東京盃では6番人気と意外に低評価の
ネロがあわやの2着に入ったように、人気の盲点になる馬は特に注意。

クイーンマンボの人気はわかるが、いくら57kgを背負って3着だったとは言え
ブリーダーズゴールドカップが案外なレース内容だったのをどう判断するか。
もっとも、良馬場で走ればまた違う結果になる可能性は十分にある訳だが。

中心は、そのブリーダーズゴールドカップで2着のプリンシアコメータ。
鞍上の名前が目を引くところで、もちろん地方競馬となるとまた勝手は違うが
それを差し引いても、この夏から秋にかけてマジックを連発しているだけに。

クイーンマンボはなんだかんだ言って、馬券的にはさすがに切りづらい。
牡馬相手でも勝ち負けの実力は今更言うまでもなく、叩き2走目でまともなら…。
叩き2走目という意味ではアンジュデジールも当然注意。頭まで狙える。

ワンミリオンスはちょいちょいと順調さを欠くところがあってか、もうひとつ
波に乗れない現状も、今回は3ヶ月の休み明けのせいかは穴人気になりそうで、
馬券的にはここで狙わない手はないという状況。連単系の1着だとおいしいが…。

地方馬の中では、大将格のニシノラピートに一発の希望を託してもいいと思う。
3走前だが、サンタアニタトロフィーは積極的に勝ちに行って、それこそJpnⅠの
タイトルを持つヒガシウィルウィンにも食い下がった走りが再現できれば。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。