投稿者 gradefuji | 2018年10月2日

地方競馬予想2018~日本テレビ盃

実質5頭立てという様相のレースだが、馬場状態は良まで回復する目があるので
そういう意味では実力通りに決着する見込みの高い、言い換えれば馬券的には
やや面白くない決着を想定する。もっとも、JBCに向けてという意味では、
今年はJRAで行われるということで、本番で出てくるメンバーのレベルなど
諸々考えると、あくまでこのレース単体で考えるべきかなと感じる。

■10月3日・船橋11R 日本テレビ盃(3歳以上JpnⅡ・ダート1800m)

◎①テイエムジンソク
○⑥ケイティブレイブ
△⑨サウンドトゥルー
△④アポロケンタッキー

ヒガシウィルウィンをどう考えるかが、馬券的には最大の問題になりうるが、
さすがにメンバーの質・量を考えると帝王賞ほどゴチャゴチャとした展開は
望みづらいのかなと考える。となると必然的に4頭の中央馬の順番が大事…
ということになるが、ここでは上記の通りの順番とした。

テイエムジンソクの帝王賞は、腹を括ってハイペースで飛ばしたところまでは
まぁまぁ…とは思うが、さすがにペースが速すぎたのもまた事実。
どれくらいのペースで行けるかが問題になるが、さすがにメンバーも条件も
大きく変わるので、そこまでバタバタにはならないだろうと考える。

ケイティブレイブは実力通り走れば馬券圏内は堅いはず。サウンドトゥルーは
今回も展開に左右されそうで、だったらアポロケンタッキーが評価を
下げているという状況を逆手に取って狙ってみるのも面白そう。
ヒガシウィルウィンは中央のトップクラス相手だと、いくら帝王賞は5着まで
脚を伸ばしたと言っても、今回も同じ展開になるかと言われると…。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。