投稿者 gradefuji | 2018年9月25日

次回の更新は10月16日です【時々是競馬(火曜版)】

まず回顧。順番は前後するが、テレ玉杯オーバルスプリントから。
ノブワイルドがハナを切るまでは良かったが、そこからネロなどに絡まれ
さあどうなるかなと思って観ていたら、案外ペースも落ち着いて
見た目よりは楽な逃げだったのかもしれない。馬自身も、使うごとに
強くなっていたのだろうが、だとしても内容は良かったと思う。
もっとも、京都1200mのJBCスプリントに向けては、距離とペースか課題か。
オウケンビリーヴは案外後ろからのレースになったのはともかく、脚は使った。
ただ、トーセンハルカゼの上がり35秒9は、それ以上に強烈な印象を残したか。

続いて中央。神戸新聞杯はワグネリアンが早め先頭で、内容含め強い勝ち方。
ただ、距離を考えてもペースは遅かったと見て良く、メイショウテッコンは
実績の割に甘く見られた面はあるにしろ、それも含めての立ち回りは良かった。
あと何と言ってもエタリオウ。重賞どころかGⅠタイトルまで本気で狙える。
追込なので展開やペースには左右されるが、いつの間にあんな決め手を…。

オールカマーは先にアルアインが抜け出し、内からレイデオロが交わし、
3着争いもエアアンセムの内からダンビュライトという、馬券的にはあまり
面白くない決着ではあったが、強い馬が順調に始動したという意味では、
意義のあるレースだったと思う。ガンコは叩いて距離延長で進化を発揮か。

あとOROカップについてはハッピーグリンが順当勝ち。サンエイゴールドは
距離が短いとか言ってしまったものの、衰えがあるとは言え中央の重賞を
勝っているガリバルディに先着した訳で、まだまだやれそうな印象を残した。
ハッピーグリンはマイルチャンピオンシップを狙うなら、次は富士ステークスと
思われるが、勝つまではともかくとしても善戦はできていいと思う。

最後に地方競馬の展望。今回は注目馬のみサクサク挙げていくことにするが、
水曜名古屋のサンケイスポーツ杯 秋の鞍はサムライドライブとスプリングマン、
水曜門別のUHB杯 フローラルカップはスティールティアラとタイムゴールド、
木曜門別の北海道知事賞 旭岳賞はスーパーステションとスティールキングで。

そして最後ですが、先週の(週末版)でも触れたように、来週・再来週は
1週間にダートグレード競走が2競走以上行われる週に当たるので、
(火曜版)については更新をお休みします。(週末版)は変わらず更新します。
ということで次回は10月16日になるので、あしからずご了承下さい。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。