投稿者 gradefuji | 2018年8月4日

個性的な夏の重賞が続く【時々是競馬(週末版)】

今週も週末の中央競馬の予想をしていきます。まず土曜は、古馬オープンの
札幌日経オープンから。2600mの一戦ということもあり、あまり格付けが意味を
成していないようにも見えるメンバーだが、斤量は別定なので注意が必要。

8枠の2頭がいずれも一度休み明けを使われての参戦で、格付け上もオープンの
メンバーからだと狙いたいところ。ブライトバローズは1番人気になりそうだが、
シルクドリーマーは人気にならなさそうなのがポイントになるかもしれない。
カラビナも人気上位だろうが狙っていい。穴狙いならグランアルマダで。
悩ましいのはアドマイヤエイカンの扱いだが、人気上位になりそうで…。

日曜は重賞が2鞍。まずは小倉記念だが、今年も12頭とやや落ち着いた頭数。
さすがに連日の猛暑で、馬の輸送にもひと苦労させられる地域となると、
なかなかメンバーが集まりにくいのかもしれない。ハンデは57kgが3頭だが
いずれも連軸にするには少し勇気が必要。話題的にはオーストラリアの名手が
手綱を取るストロングタイタンに興味がある。人気はトリオンフだろうが。
サトノクロニクルも鞍上の名前を見たら簡単には切れないし、キョウヘイが
案外ハンデに恵まれた感があるのが不気味。サンマルティンも要警戒。

新潟は3歳ダート重賞のレパードステークス。ジャパンダートダービーでも
上位人気に支持されたドンフォルティスとグレートタイムが中心になるだろう。
エングローザー、グリム、ビッグスモーキーはどれだけ人気になるか次第。
アルクトス、プロスパラスデイズが穴候補も、うっかり上位人気になるかもw

札幌は日曜もオープン特別が組まれていて、UHB賞は10頭立ての芝1200m戦。
ライトフェアリーが前走の負けでハンデをもらえてるなら狙う価値はある。
人気はデアレガーロと見るが、馬券は買っておきたい。あと相手としては
アドマイヤゴッド、クリーンファンキーあたりまでで絞っておく。

最後にそれ以外のレースから、土曜新潟10Rの信濃川特別を取り上げる。
「長い長い信濃川のように長い向正面…」的なフレーズがそろそろ恋しく
なってきたようなそうでもないような感じだが、昨年のこのレースを勝ったのが
後の菊花賞馬のキセキなのだから、案外馬鹿にできたものではない。

降級馬がアテにならず、必然的に3歳馬が中心になりそうだが、その順番は
少し悩む。人気はグレートウォリアーかなぁ…と思うが、実績的には
トラストケンシンもそこまで差はない。決め手抜群のグロンディオーズに、
良血のレーヴドリーブは馬体が戻ることを条件に狙えると見た。
穴は古馬からメルヴィンカズマ。前走は休み明けの茶臼山高原特別で、
降級馬がいる中で快勝だったが、個人的には休む前の高山特別で高い評価を
与えていた一頭である(実際のレースでも1番人気ではあったのだが)。
1000万でも即通用クラスの実力は秘めているだけに、低評価の今がチャンス。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。