投稿者 gradefuji | 2018年7月31日

既に視線は晩秋に向いている【時々是競馬(火曜版)】

まず中央競馬では、日曜の終了後に秋の番組が発表されている。当ブログ的には
5回東京3日(三鷹特別)と4回中京(高山特別)が最大のポイントだったが、
無事に今年も番組に組み込まれたので、今年の両レースの徹底展望を行います。
三鷹特別は11月10日の東京10レース、高山特別は12月1日の中京12レースだが、
高山特別の方は芝2000mからダート1400mに変わってしまったのでさあどうしようw

回顧は地方の習志野きらっとスプリントから。フラットライナーズは注文通りに
逃げる形を取れたものの、やはり最近はもうひと踏ん張りが利かず直線で後退。
アピアが中団から一気の脚で抜け出したが、時計的には目立つものでもない。
クルセイズスピリツは個人的には相当疑問だったが、一応2着には残したのだから
それ相応の評価をする必要があるだろうか。ただ、まだ個人的にはちょっと…。
サトノスピードオーも決めては見せたが、さすがに前半少し置かれすぎたか。

中央の回顧、最初はアイビスサマーダッシュ。先行争いの激化は当然としても、
そこからナインテイルズとラブカンプーが抜け出して、どちらも残した形。
それよりもダイメイプリンセスはまたとない大チャンスを活かした形だが、
内に切り返して差し切るという、なかなか味のあるレースをしたように感じる。
ラブカンプーの2番人気は、個人的には自身を持って切ったのですいませんw

クイーンステークスもあっさりディアドラ勝利で本当にすいませんでした(笑)。
海外遠征帰りとか関係なく、この相手ならもう一度走っても結果は同じだろう。
ソウルスターリングは積極的にレースを進めて、もう少しで復活できそうな
気配を感じる結果だったと思うがどうか。人気になっていたのは仕方ない。
逆にこちらは3歳馬のリバティハイツ、ツヅミモンはイマイチな結果。

そして小倉サマージャンプが最大の問題で、アップトゥデイトがまさかの2着に
負けた訳だが、結果的には出遅れたのが大きかったか。ヴィーヴァギブソンが
離し気味に逃げたものの、アップトゥデイトもハイペースで飛ばして後続に
何もさせないレースをしたかっただろうと考えると、不本意な結果と言える。
新コンビ初戦というのもあっただろうと考えたい。次改めてか。
ヨカグラは予想のときにも触れたが、オープン2勝の割には人気なさすぎ。

今週の展望は水曜大井のサンタアニタトロフィー。最大の注目は何と言っても
ヒガシウィルウィンの参戦だが、ハンデ59kgもそうだし、13頭立ての大外枠も
少し気になるところ。前日発売では当然のように1番人気だがそこまでは…。

バルダッサーレがオープンを連勝してハンデ56kgは狙い目のように映るものの、
これだけで信頼していいかと言われると何とも。だったら人気はないが、
主導権を握れそうなニシノラピート、ムラ駆け傾向気味もリアライズリンクス、
ハンデ58kgは楽ではないが、ひと叩きのカンムルも一考の余地アリと言える。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。