投稿者 gradefuji | 2018年7月24日

猛暑の中でも競馬は続く【時々是競馬(火曜版)】

まず回顧。地方は先週展望したノースクイーンカップだが、アップトゥユーが
思い切って飛ばし気味に逃げたものの、ジュエルクイーンは慌てず騒がず
2番手から難なく4馬身差つけて連覇。ノーブルサファイアはよく脚を伸ばした。

中央の回顧は重賞2鞍。函館2歳ステークスはラブミーファインが粘るところで
アスターペガサスがゴール寸前でわずかに前に出ていた。鞍上は重賞初制覇だが
先行して抜け出すメイクデビューから一転、後方一気の差し切りという内容で、
もともと調教でも動いていたが、これで先々まで面白そうな存在になった。
ラブミーファインは1800mのメイクデビュー勝ち上がりから中1週だったこともあり
おいそれと手を出せる状況ではなかったが、スピードを見せたのは大きい。

中京記念は、とうとうグレーターロンドンが重賞制覇。GⅢクラスの相手で
直線が長くて坂のある中京コースという条件がハマった感もなくはないが、
速いペースで前が飛ばすのを、強烈な決め手を発揮しての差し切り。
GⅠクラスの実力があるのはわかっているだけに、よくわからない負け方を
繰り返していたところから、秋に向けて何かしらの変化を期待したくなる。
一方で、6着に負けはしたもののアメリカズカップは見せ場十分の内容。
道悪専門というイメージが定着していたが、良馬場でもそのうち一発ありそう。

今週の展望は、水曜船橋の習志野きらっとスプリント。前日発売のオッズは
上がり馬中心に売れているが、それよりもスーパースプリントシリーズとは
独立した一戦という感の強いメンバーで、SSSとは…と言いたくなってしまう。

個人的には別定戦ながら斤量57kgで出走できるフラットライナーズの前進に
期待したいところ。人気だがアピアも当然上位争いだし、地元船橋所属の
サトノスピードオーも、前走の負けだけで安易に切れないのもまた事実。
タイセイバンデッドがいくらか人気を落とすはずで、穴狙いならこの辺りか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。