投稿者 gradefuji | 2018年7月18日

南関東は変則日程の時期【時々是競馬(火曜版)】

回顧は地方競馬から。ジャパンダートダービーは先週水曜更新の火曜版で
振り返っているので、ここではマーキュリーカップから。ここ最近は割と
時計が出る傾向の強い盛岡ダートにあって、今回の2分03秒5という時計は
決して速いというほどでもないが、上がりが47秒9-35秒6は異常すぎる。
レコードが出た2014年のJBCクラシックですら、上がり600mは35秒7である。

それだけスローだったという訳で、ハナを切ったヨシオが十分見せ場を作った。
もっとも、勝ったミツバは上がり35秒2で、芝並みの時計を叩き出した訳だが。
ちょっとレースの性格が特殊すぎて、今後に繋がるかと言われると難しいが、
少なくともドラゴンエアルの4着は大健闘。あとは中央勢が上位を占めるのも
やむなしの結果だが、また条件が変わればいくらでも結果は変わりそう。

あと予想はしていないが、月曜浦和の 第1回 プラチナカップ(SⅢ)も簡単に。
ノブワイルドが他馬に比べて2kgの斤量をもらっていながらハナを取れず、
さきたま杯はともかく、ちょっと確変が途切れてしまったかな…という印象。
ハイペースで飛ばしたウェイトアンドシーはハナを切った分だけ頑張ったが、
キタサンミカヅキは盤石のレースぶりで、負けようがないレースをしていた。
インフォーマーも自分のレースををした分の3着で、今回は展開が向いたか。

中央の回顧は函館記念。逃げた馬が直線でパッタリ止まったが、エアアンセムと
エテルナミノルについてはその後ろを追走していた組で、結果だけ見ると
ペースの割に一団の隊列となった分、ハナを取った組には厳しかったか。
サクラアンプルールもハンデは厳しかったが、動ける状態ならこれくらいは走る。
もっとも、次走は札幌記念だと思うが、今回の馬体減がどう出るかは注意。

グリーンチャンネルの中継はギリギリのところでファンファーレから放送できた
名鉄杯については、ラインルーフが8馬身差の激勝。コパノチャーリーは
思い切ってハナを切り、飛ばせるだけ飛ばしたという感じだったが、一頭だけ
文句のつけようがないレースをしたラインルーフは、今のところは確変状態か。
芝の2戦が何かのきっかけになったかもしれないが、真価を問われるのは次。

今週の展望は、水曜門別の サンケイスポーツ杯 ノースクイーンカップ。
距離を200m延ばしたヒダカソウカップと行っても差し支えないメンバーだが、
そういう意味ではディナスティーアをどう考えるかが明暗を分けそう。
斤量が重くなる上に、これ以上の距離延長はマイナスになると踏んで、
今度こそアップトゥユーとジュエルクイーンと考えるが、穴候補として
アルティマウェポンとノーブルサファイアまで挙げておきたい。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。