投稿者 gradefuji | 2018年7月16日

地方競馬予想2018~マーキュリーカップ

ダートグレードでもマイル以下のレースであれば、そこそこ地方馬も健闘する
場面が目立っているものの、それ以上となると、先日の帝王賞のリッカルド、
あるいはヒガシウィルウィンと、それこそ中央でも重賞制覇クラスの実績馬か
地方馬同士であれば世代最強といったレベルの馬でないと厳しいのもまた事実。

■7月16日・盛岡9R マーキュリーカップ(3歳以上JpnⅢ・ダート2000m)

◎⑭フェニックスマーク
○⑩ミツバ
▲⑨マイネルバサラ
△③ザイディックメア
△⑤エンパイアペガサス

その上で、今回はどうかと言われると、中央馬のレベルは例年に比べると
実績だけ見ればやや低めかなと思われるが、今回地方馬の上位クラスと目される
エンパイアペガサスやドラゴンエアルが、それらの中央馬と同等の条件で
レースをすると考えると、3着争いがいいところかなぁ…と考えてしまう。

人気自体はフェニックスマークとミツバの一騎打ちムードの様相だが、
ここは大外枠と連勝中の勢いを買ってフェニックスマーク上位と見たい。
ミツバもこの相手なら大崩れは無いはずなので、当然頭まで警戒の必要あり。

マイネルバサラは相手関係を考えると、別定戦とはいえ他馬より2~3kg重い
斤量57kgはいささか不利な条件に映る。加えて前走のアンタレスステークスは
ハナを奪うも最下位と印象は良くないが、条件が変わるだけに軽視は禁物。

ザイディックメアが、前走のブリリアントステークスでフェニックスマークと
差のないレースをしながら、ここまで単勝オッズでも差がつくのか…という印象。
だったら買わない手はない。逆にヨシオは連闘の形だけに、もちろん勝算も
ある上での参戦だろうとは思うが、それにしては人気過剰な気がするのが…。

地方馬はエンパイアペガサスが3着争いまでは十分狙えると見る。どうしても
岩手競馬ファンの期待票も含まれた人気にはなってしまうが、連勝式については
そこまで売れてる感じでもないので、一発狙いという目も含めて面白そう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。