投稿者 gradefuji | 2018年7月3日

台風も気にしながらか【時々是競馬(火曜版)】

まず回顧は帝王賞。先行争いがひとつの鍵だったが、テイエムジンソクが
割と腹を括った感じで飛び出し、やや離れてオールブラッシュが追走する流れ。
1000m通過が59秒9というペースは、マイペースか、はたまた飛ばし過ぎかと
思ったものの、直線早めにケイティブレイブに捕まえられたことを考えると
結果的には飛ばしすぎたのだろう。戦法自体は間違いではないと思うが。

結局は先に抜け出したケイティブレイブを、ほぼ並走する形で上がっていた
ゴールドドリームが最後はクビ差捉えていたが、現状ではゴールドドリームが
ダートでは最強と言っていいだろう。サウンドトゥルーはしぶとく3着まで
追い込んできたが、だからと言って次も馬券圏内期待かと言われると別問題。
リッカルドはもとより、ヒガシウィルウィンとカツゲキキトキトも頑張った。

ラジオNIKKEI賞は、なんでまたフィエールマンはあんな後ろから進めるのかと。
いくらペースが流れていたとしても、福島コースの開幕週であれでは、
どれだけいい脚を使ってもさすがに届かない。幸い2着には届いたので
最低限の収得賞金は加算できて、1000万まで勝った馬よりも優位にはなったが、
秋に向けてはそれだけでは安心できない状況が続くだけに、次が大事。
メイショウテッコンについては、コースと馬場を考えたら理想的なレース運び。

CBC賞はセカンドテーブルが見せ場は作ったものの、最後はアレスバローズが
外から伸びて差し切り。重賞ではもうひとつなのかな…と思っていたら
今回もハンデ54kgとは言え4番人気に支持されていたのだから自分の見当違いか。
アサクサゲンキは控える競馬を続ければ、そのうちチャンスはありそうな気配。

今週は川崎のスパーキングレディーカップが木曜日に行われるが、例によって
前日(というか明日の水曜)に予想記事を更新します。それ以外のレースから
水曜川崎の準重賞・デイリー文月杯を予想する。前走のさきたま杯でも
そこそこ人気していたノブワイルドだが、A2以下・左回りの1400mであれば
ハナを切ってそのまま勝ってくれるだろう。枠順も内枠なら好都合か。

相手はまともに考えればバンドオンザラン、ブリージーストームあたりだが、
ファイヤープリンスも見限れないし、8枠に2頭入った中央からの転入初戦馬から
ドラゴンシュバリエの方ならチャンスがありそうな気がしている。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。