投稿者 gradefuji | 2018年6月30日

本格的なローカル開催へ【時々是競馬(週末版)】

昨日(29日)は梅雨明けのニュースが流れていたものの、あくまで関東甲信の
話であり、ここと沖縄・奄美以外の地域は梅雨明けが発表された訳ではなく、
今日(30日)の天気予報を見ても、関東甲信以外の地域は軒並み曇りや雨の
マークが並んでいるだけに、夏競馬の舞台となる3場の動向には依然注意。

今週の展望は、まず土曜中京の白川郷ステークス。個人的には夏の中京開催で
(レース名的な意味で)最も重要な意味を持つレースと言えるが(笑)、
ハンデ戦ながらそこまでハンデ差があるメンバー構成ではなく、大きな波乱は
望みにくい印象。人気だがミキノトランペット、アンデスクイーンを中心に、
ピスカリア、レッドサバス、ソリティール、あと穴でディープオーパスを

日曜は各場でオープンのレースが組まれる。まず函館の巴賞は11頭と少なめだが
意外にハッピーグリンがやれるのでは…と思えなくもない。希望的観測も大いに
含まれることは否定しないが、外枠でも馬鹿に出来ない存在。現実的には
ブレスジャーニーやアストラエンブレム辺りを狙うことになるだろうか。
マイネルハニーは斤量だけ。サウンドスカイは遂に芝に活路を見出してきたが…。

中京ではCBC賞。当ブログ的には懲りずにセカンドテーブルなのだが(笑)、
有力と目された馬が軒並み外枠に入ったのがどう出るか。となると馬券的に
面白そうなのは内枠の馬で、ダイメイプリンセス、アクティブミノル、
グレイトチャーターあたりが気になる。他だと毎月一回なワンスインナムーン、
人気上位も休み明けは走るペイシャフェリシタとフミノムーンあたりを。

福島は夏競馬名物の3歳限定ハンデ重賞・ラジオNIKKEI賞。3歳同士ながら、
方や牝馬のマルターズルーメンが49kg、オープン勝ちの実績がある牡馬2頭が
一応トップハンデの56kgだが、やや小粒感は否めないのが正直なところ。
そういう状況を考えると、フィエールマンが人気になるのは仕方ないか。
一応、前走の山藤賞は競馬場で観ていたが、余裕残しの勝利という感じで
この相手でどういう結果を残すかに注目。あとは地味にハンデも恵まれた
感のあるイエッツト、一応古馬相手の500万を勝ったグレンガリーを。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。