投稿者 gradefuji | 2018年6月23日

泊まり込みが当たり前という風潮【アニゲークルーン(ゲーム)】

そんな風潮が本当にあるかどうかと言われると、自分の目に入ってくる限りは
そんなことはないけども、多かれ少なかれ定時なんてものはなくて、下手すると
年中終電で帰ってくるとか、その埋め合わせで午前中休んで午後から来るとか
そういうのが当たり前になってるところも、ちょいちょい見ては来ているもの。
まぁ、ゲーム業界に限った話ではないだろうけども、自分は仕事がゲームなので。

自分も若い頃(時給x00円クラスとか)の頃は、残業代(≒収入)確保のために
喜んで残業をするようなところがあったものの、今となってはみなし残業とか
そういうことを考えると残業するメリットなんて何もないから、できる限り
残業しなくて済むように進めるように考えてるけど、やっぱり少数派っぽい。

で、今の自分の置かれてる立場って、言うなれば3x歳の新人という状況で、
ましてやその会社にしてみたら外の会社から派遣で来てる訳で、となると
何にしても確認を取らないといけないとか、そういう事になりがちな訳で。
でもその度に、必要なメンバーが昨日終電までやってたから、突然午後出社に
なってるとか、下手するとやっぱ休むってことを事を知らされることなく
1日が終わるとか、そうでなくてもタバコ吸いに1時間消えるとか、
それだけでもこっちにとっては仕事が止まるとか、そのためだけに帰らず
ずっと待ってないといけないとか、非効率というかバカバカしいよね…と。

で、そういうのが常態化するとなると、絶対どこかに問題があるはずで。
コスト無視でそこまでしないと消化できないボリュームを課してるとか、
先述のコミュニケーションロスだったりとかそういうのもありつつ、
よくあるのは一部の主力というか、在籍期間が長い、あるいはプロジェクトの
立ち上げの頃からずっといるメンバーに判断や確認が偏ってしまうとか、
そういうメンバーがいろいろ諦めてるor割り切ってるというのもあるなと。

自分も、言うなれば“上の立場”“下の立場”の両方の経験があるけど、
上だったら他のメンバーができることを増やすなり、無理が出ているところの
仕事を引き取るなりの動きを見せつつ、困ったらいつでも声かけてね…という
姿勢を見せるとか、下だったら何か覚えられることはないかとか、できることを
増やせないかと考えるけども、誰かの手を止めることにもなるので難しい。
それでも自分はどうしたら上手く回るか…ということを今までもそうだけど
それ以上にもっと考えないとな…なんて考えてた2日遅れの更新でしたw


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。